2012年06月12日

質問449 ボルカールールで日本国債バブルがどうなるか?

質問449 2013年は中国バブル崩壊が本格化してユーロ問題と合間って金融破壊が訪れそうですが2012年の7月に始まるボルカールールで金融市場が大荒れになって行くのではないのでしょうか?国債バブルはどうなるのでしょうか?
こちらをクリックして音声を聞く  

こちらをクリックして質問をする 
posted by 小崎壮平 at 19:00| ヘッジファンドがみる世界経済Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀行救済されてもスペインは救われない


EU国別の国内銀行による自国国債の保有率
Zero Hedge

ユーロ圏財務相が9日にスペインの銀行の資金増強に向け最大1000億ユーロの支援を行うことで合意しましたが、 アメリカの株式市場では大幅に下落しました。結局のところ、スペインの救済計画は機能しないと見ています。

スペインの国内銀行による自国国債の保有率は50%となり、 2011年のスペイン破綻危機から新規発行の国債は国内銀行が購入して政府を支えています。(上グラフ)

スティグリッツが指摘するように、今回の銀行救済は「スペイン政府がスペインの銀行を救済し、スペインの銀行がスペイン政府を救済する」相互扶助だとし、機能しないと批判されています。続きを読む
posted by 小崎壮平 at 10:13| 政府債務問題・ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

大統領選 オバマの勝算63%

オバマVSロムニーの勝算 全米マップ
20120610_大統領選 オバマ ロムニ支持率 全米マップ.png
Five Thirty Eight (NY Times)

Five Thirty Eight(NY Timesの政治ブログ)の調査見込みによると、もし今日、大統領選挙が行われたらオバマ大統領が勝つ可能性は80%あるそうだ。 しかし、11月の大統領選が11月になるとオバマの勝算は62.8%までおちるが、今のところオバマ再選の可能性が高い状況だ。

アメリカの人口構成は、非白人が白人を逆転してました。 これまではメキシコなど中南米からのヒスパニック系の人口が増えた影響で、共和党もヒスパニック系の票は無視できない状況となってきました。続きを読む
posted by 小崎壮平 at 08:18| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

金利引き下げは中国経済崩壊の兆し?


中国GDP成長率
20120609_中国GDP成長率.png
時事

中国人民銀行(中央銀行)は7日に4年ぶりの政策金利引き下げましたが、いよいよ中国がハードランディングへの道を歩んでいるようです。

2012年1Q のGDP成長率は8.1%と5期連続で鈍化(上図 参照)、製造業の景況感も7ヶ月連続で『悪化』、そして中国不動産バブルの崩壊している。続きを読む
posted by 小崎壮平 at 06:18| アジア・中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

アメリカでハイパーインフレが起きない理由

米消費者物価指数と賃金の比較 (前年比変化)
20120608_米消費者物価指数と賃金の比較 (前年比変化).png
EconomPic

上のグラフは1952年から現在までのインフレ率(CPI)と賃金(前年比変化)の関係です。 賃金が上がればインフレとなる。

量的金融緩和によってドルが紙切れになると言われていますが、アメリカでハイパーインフレが起きないのは賃金が低迷しているからです。

ヨーロッパや中国の景気低迷の煽りをうけアメリカは不景気が続く。信用収縮(レバレッジ解消)によって、今後も給与デフレ、不動産の長期低迷が続くでしょう。


★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキング
posted by 小崎壮平 at 08:40| 米財政・国債・ドル・デフレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

質問448 社会信用論の購買力不足の指摘はどう思うか?

質問448 クリフォード・ヒュー・ダグラスという方の考えた、社会信用論 (Social Credit) について、調べています。この経済論の核をなすものの一つに、A+B理論 (またはA+B定理) と呼ばれるものがあります。

ダグラスは、経済システムを介したお金の流れを分析した結果、いわゆる不況の根本的な原因は、「生産 (または生産品の価格) に対する購買力の慢性的な不足である」 としています。

この分析について横森さんはどのように思われますか?

こちらをクリックして音声を聞く  こちらをクリックして質問をする 

posted by 小崎壮平 at 19:00| ヘッジファンドがみる世界経済Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカの大学はローン返済苦の失業リスク?


『大学以上(大学中退者を含む)』と『高卒以下』の労働力人口と失業者の割合
20120607_米失業者と労働禄人口_高卒大学の割合.png
Real Time Economics

米失業者 『大学以上』が『高卒以下』を越えるについて書きましたが多くの反響をもらったのでその続報。

上のグラフは『大学以上(大学中退者を含む)』と『高校卒業以下』の労働力人口と失業者の割合を表しています。

こちらをみて思うのは、1992年には大学以上と高卒以下の労働力人口の割合は半々となっていましたが、2012年には大学以上が労働力人口の64%を占めています。

ということは、大学教育を受けた人が労働市場に増加した分の仕事がなかった。もしくは、出来の悪い大学生が増えたとも言えます。続きを読む
posted by 小崎壮平 at 16:07| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

質問447 預金封鎖されたらローンの支払いはどうなるのか?

質問447 日本が破綻して預金封鎖になったら、クレジットカードの支払いや、ローンの支払いはどうなりますか?
こちらをクリックして音声を聞く  こちらをクリックして質問をする 

posted by 小崎壮平 at 19:00| ヘッジファンドがみる世界経済Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最低週2回揚がる奇形魚、海の放射能汚染の実態とは?




上の動画は、千葉県の南房総・富浦に在住の漁師、イッコウさんが撮影されたとされる奇形魚です。

イッコウさんのインタビューによると、奇形魚が揚がるのは最近顕著になってきており、放射性物質が畳まりやすい海底に生息するヒラメ、スズキなど海底魚と、生態系の上にいるブリ、マグロ、カツオなど大型魚に奇形が多いと指摘。

福島原発から大量に放出された放射性物質は地上に積もり、雨によって海に流される。 今から約2年後に東京湾のセシウム濃度が最高になる見込みで、海の放射能汚染は今からが怖い。

漁師の現場の実態を暴露しているイッコウさんの発言は下記にまとめましたのでご参考まで。続きを読む
posted by 小崎壮平 at 10:06| 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

質問446 メガバンクは日本国債売りをする可能性はあるか?


質問446 日本のメガバンクが土壇場で日本政府と決別することはあるでしょうか? 本日、メガバンクの決算内容が明らかになり3大メガバンクとも長期国債売り越しで利益を計上しています。 三井、住友、三菱とも江戸時代からある意味、古い政権を土壇場で裏切ることで今日まで残ってきています。 今回もぎりぎりのタイミングで政府と心中するのではなく、売り浴びせの側に立って 未来への生き残りを賭ける可能性はあるでしょうか?
こちらをクリックして音声を聞く  こちらをクリックして質問をする 

posted by 小崎壮平 at 01:00| ヘッジファンドがみる世界経済Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。