2012年08月21日

米最大手IT企業(マイクロソフト、グーグル、HP、フェイスブック、デル)を超えたアップル

アップル株価推移
20120821_アップル株価.jpg
Zero Hedge

米アップルの時価総額が20日、6235億ドルとなり、世界の上場企業として過去最高を記録しました。
この6235億ドルという時価総額、どのくらい凄いか検討つきますか?
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 22:55| ビジネス・マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月20日

質問476 海外事業が中心の日本株は破綻の影響を受けにくいのでは?

質問476 日本破綻時にどうしても日本企業に株式投資をしていたい、としたら、海外の子会社だけを持つ、日本の上場持ち株会社が比較的影響を受けないと思われますが、いかがでしょうか?(実際にそういった上場企業があります)
こちらをクリックして音声を聞く  
こちらをクリックして質問をする 
posted by 小崎壮平 at 19:00| ヘッジファンドがみる世界経済Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦後不景気と比較、戦後最悪不況『回復』実態!

戦後の不景気回復の平均と現在のGDP比較
20120819_GDP 戦後不景気の比較.png
CFR.org

Council on Foreign Relationsでは、戦後不景気終了後の平均と現在の回復状況を比較するデータが紹介されていました。上のグラフはGDPの比較グラフですが、現在(赤)のGDPは確かに成長していますが、戦後平均と引くすると成長度合いは鈍いです。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 10:01| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月19日

米債務残高拡大の『真相』、やっぱりアメリカは経済停滞する

アメリカ信用残高推移グラフ
20120818_部門別の米信用残高推移.gif
Lighthouse Investment

住宅ローン、自動車ローン、政府債務、民間企業の債務、銀行融資などその国の借金が増加(信用拡大)すれば使えるお金が増えるので経済は活性化する。逆に、借金が減少(信用収縮)すれば、その国での使えるお金が減るので経済は縮小します。

上のグラフは1990年以降の連邦政府、地方政府、民間(金融除く)、金融、家計の債務残高を表しています。

リーマンショックがあった2008年にはサブプライムローンや住宅ローンの破綻などが相次ぎ、全体の債務は一旦縮小しました。 そして2009年以降、信用は拡大しています。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 09:25| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月18日

沈みゆくユーロ圏、独り勝ちドイツも急ブレーキ!

ユーロ圏主要国のGDP推移グラフ(2011年1Q - 2012年2Q)
20120818_ユーロ主要国のGDPグラフ.jpg
WSJ

ユーロ圏の各国の経済成長が急減速している。スペイン、イタリアは金利急騰によって借入コストが高騰。 どうしようもない状態となっています。


これまでユーロ危機によってユーロ安の恩恵(輸出産業の増加)を受けてきたドイツ。 ユーロ圏で唯一失業率の低下、金融機関の預金額が増額など独り勝ちといわれたドイツでさえ、経済成長は鈍化しています。

さすがのドイツでさえ、ユーロ全体の経済減速によりユーロ圏からの新規発注が減少、 そして中国、インドなどの世界経済減速の煽りをうけた。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 17:57| 政府債務問題・ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月17日

世界のゴールド需要に激減 !? ゴールドの罠にご注意を..

ゴールド需要と金価格 推移グラフ
20120816_ゴールド需要と金価格.gif
Gold Core

ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)によると、2012年第2四半期の金需要は990トンと前年比で9%ダウンした。

宝飾品用の金需要:15%ダウン(前年比)
投資用(地金&金貨&ETF)の金需要:23%ダウン(前年比)

上のグラフをみても、世界の金需要(青棒)が減少につれ、金価格が下落しているが分る。

さて、この急速な金需要が減少した原因とはなにか?

続きを読む
posted by 小崎壮平 at 10:55| 株式・投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月16日

質問475 株式暴落は国債暴落につながるか?


質問475 年金投資会社や大手銀行は大量の日本国債や大手電機メーカーの株を保有していますが、最近、大手電機メーカーの業績は悪く、株価は暴落しています。大手電機メーカーが倒産した場合、大株主である年金投資会社や大手銀行は株式での損失を穴埋めするために日本国債を大量売却し、それが、国債の暴落につながることで、年金給付額の減額や国家破綻が起きる可能性はありますか?



こちらをクリックして音声を聞く  
こちらをクリックして質問をする 
posted by 小崎壮平 at 19:00| ヘッジファンドがみる世界経済Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富裕層を減税し低所得者を増税する『おかしな』共和党予算案

共和党所得別減税効果
20120815_共和党所得別減税効果.jpg
Think Progress

ロムニー氏が副大統領候補にライアン氏を選び大統領選に向けて熱くなってきました。下院予算委員長ライアンが署名した共和党の予算案によると、年収3万ドル以下の低所得層が増税されるという歪な予算案になっています。

年収100万ドル以上は12.5%の減税効果があるとされています。所得が多ければ多いほど減税効果があり、これがロムニーは弱者切捨ての富裕層優遇といわれるわけです。

普通で考えればおかしな予算案になりますが、共和党のロムニーを猛烈に支持する『ある』業界がありました。

続きを読む
ラベル:大統領選挙
posted by 小崎壮平 at 09:53| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。