2012年09月10日

質問484 中国が民主化される可能性はあるか?

質問484 将来、中国が民主化される可能性はあるでしょうか。また、そうなった場合、株価、為替はどのようになるとおもわれますか?
こちらをクリックして音声を聞く  
こちらをクリックして質問をする 
posted by 小崎壮平 at 19:00| ヘッジファンドがみる世界経済Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白人・ヒスパニック・黒人別の人種別支持層でみるアメリカ大統領選

大統領選 人種別支持層

TPM
大統領選における人種別(白人・黒人・ヒスパニック系)の支持層シェアのグラフです。

共和党のロムニー支持者の91.5%が白人、一方オバマは66.2%が白人に対して、黒人・ヒスパニック系の支持が大きな比重を占めています。

アメリカでは1歳未満の赤ちゃんの人口では、非白人が白人を超え白人が少数派になりました。このままの人口構成では白人支持者に頼る共和党は、ヒスパニック系の支持を確保することが大切です。

しかし、ロムニは今のところ黒人・ヒスパニック系の支持は9%しかないのが現状です。


★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキング


posted by 小崎壮平 at 10:50| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

ネット小売最大手のアマゾン、驚異的な成長『ある』秘密とは?

オンライン/オフライン別の小売売上高 2000‐2011
20120907_オンライン--オフライン別のの小売売上高.gif
Business Insider

上のグラフはアメリカの小売売上高になります。 実地店舗(オフライン)による売上が赤、オンライン小売の売上が青になります、実地店舗(オフライン)の売上が、オンライン売上に市場を奪われていることが分ります。

これまで当ブログでもインターネットによるEコマースの進化に伴い様々な大手小売店が追いやられたことをお伝えしてきました。

2012年04月06日 ネット価格でアマゾンに負けるベストバイ 家電店の衰退
2012年03月02日 インターネット進化と『旧』ビジネスの衰退
2011年02月14日 全米2位書店の破綻からみるネット進化と商業不動産

ネット小売店のアマゾンは書籍小売のボーダーズと家電小売のサーキットシティを倒産させ、さらには唯一残された大手家電小売店のベストバイの業績まで後退させました。 なぜ、アマゾンは驚異的な業績をだせるのでしょうか?
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 10:15| ビジネス・マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月07日

またも銃メーカー最高売上を記録、 武装化するアメリカ?

スミス&ウェッソン(S&W)社 売上高(2001年 - 2012年)
Zero Hedge

アメリカ最大の銃メーカーであるスミス&ウェッソン(S&W)社の四半期決算で、売上高が1億3600万ドルと前年比で48.3%も増加、前期決算を上回る過去最高の売上高を記録しました。

地方財政破綻、 そして所得格差拡大のため殺人事件などアメリカでは治安悪化が懸念され、アメリカ人は自己防衛のため武装化しているといえよう。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 10:18| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

質問483 経済混乱時、固定・管理・通貨バスケット制の通貨はどう影響する?

質問483 これからの経済の混乱時に固定相場制や管理相場制、通貨バスケット制を採用している通貨はどのように動きをすると横森さんは考えておわれますか?
こちらをクリックして音声を聞く  
こちらをクリックして質問をする 
posted by 小崎壮平 at 19:00| ヘッジファンドがみる世界経済Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『スーパー害虫』発生でモンサトGMとうもろこし効果なし



米モンサント製の害虫を抑制するよう遺伝子が組み換えられたトウモロコシの有効性が中西部で低下していることを示す「証拠が増えている」との見方を、米環境保護局(EPA)が明らかにした。

EPAは先月発表された科学研究に関する質問への回答で、イリノイ州にある農場2カ所でトウモロコシの害虫がモンサント製トウモロコシの殺虫作用への耐性を強めていることが分かったと述べた。(ブルームバーグ


今回、このGM作物と農薬に勝る『スーパー害虫』が確認されたことで、モンサトの『科学』の限界をしめしました。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 15:43| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月05日

質問482 1000兆円は『政府の借金』であって『国全体の借金』ではないのでは?


質問482 1000兆円は『政府の借金』であって国全体の借金を示しているものではない、財務省自身も「国の借金」とは発表していないし、この数字が「政府の借金」であって国全体の借金を示しているものではないからとの事。

自国内で借金の貸し借りが成立している限りは、政府が自国民から借金をしているだけなので、国家全体が負担を背負うことにはならない、家庭内でお金の貸し借りをしているだけなので、さほど深刻な状況ではないと言ってますが、それならドルやゴールド持つより、日本円と日本株を持っている方がいいのではないでしょうか?



こちらをクリックして音声を聞く  
こちらをクリックして質問をする 
posted by 小崎壮平 at 19:00| ヘッジファンドがみる世界経済Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月04日

質問481 アメリカが破綻したら経済への影響はどうなるのか?

質問481 横森さんは、日本の国家破綻の後にアメリカも国家破綻すると予想されていますが、一方でドルは引き続き世界で使用されると仰っています。また、シェールガスにより、アメリカの国力も回復する他、アメリカ不動産も底打ちしているので投資しても良いとも仰っています。

そこで、国家破綻後のアメリカ経済について伺いますが、アメリカの場合は、国家破綻しても、不動産価格の下落や経済の低迷などの影響はないのでしょうか。単に連邦政府の負債がなくなり、復活をするだけとなるのでしょうか。一連の流れについてご教示下さい。


こちらをクリックして音声を聞く  
こちらをクリックして質問をする 
posted by 小崎壮平 at 19:00| ヘッジファンドがみる世界経済Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

失業率、改善するアメリカと悪化するEU圏 その違いとは?

アメリカとEUの失業率比較
20120903_アメリカとEUの失業率比較.png
The Big Picture

アメリカとEUの失業率を比較すると、2010年以降アメリカの失業率(緑)が低下し、ユーロ圏の失業率(青)は上昇しています。

EU圏ではPIIGSといわれるソブリン債の破綻危機があったため政府債務を縮小による、緊縮財政を取っているためです。

一方、アメリカでは。。。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 15:00| 失業率・雇用環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第1回 なぜ西洋医学が慢性病に無力なのか?

「第1回 なぜ西洋医学が慢性病に無力なのか?」を更新しました。

こちらをクリックしてご確認ください。
posted by 小崎壮平 at 07:00| 自然治癒・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。