2013年01月11日

農業マフィア「モンサント」にアメリカの農民が逆襲だ!

モンサント_危険 遺伝子組み換えコーン.jpg

以前、遺伝子組み換え種子メーカーのモンサントに抵抗する30万人の農民について当ブログで取り上げましたが、
アメリカの農民らがモンサントを訴えた裁判が今日から連邦控訴裁判所ではじまる。


原告となるオーガニック種子団体のジム・ガリットソンは主張はめちゃくちゃシンプルで分かりやすい

続きを読む
posted by 小崎壮平 at 11:29| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

アメリカ破綻のXデーは2月15日

アメリカ政府のキャッシュ残高推移
20130108_Xデー 債務上限引き上げ問題.jpg
Business Insider

アメリカでは『財政の崖』問題がクリアーしたと思えば、次のは債務上限引き上げ問題に直面している。このままいけば、2月15日から3月1日までの間にアメリカは破綻することになる(上のグラフ)。


とても興味深いのが、アメリカのキャッシュフロー分析です。


もしこのまま2月15日にアメリカ政府のキャッシュが枯渇した場合、どうなるか?
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 17:23| 米財政・国債・ドル・デフレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月08日

『肥満』が病気と思わない健康知能指数の低いアメリカ人

肥満女性に埋もれるスレンダー女性.jpg

個人破産するアメリカ人の3分の2は、医療費が原因で破綻しています。その主要因はアメリカ人の健康への意識の低さ、つまり肥満への意識です。


アメリカ人はどのくらい健康への知能指数が低いのか、最近の調査で判明しました。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 16:47| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月07日

「今、買わなきゃ損」というアメリカの住宅市場、その理由とは?

ケースシラー米住宅価格指数
20130106_米ケースシラー住宅指数2012年10月.gif
S&P

アメリカの10月の住宅価格(20都市)は前年比で4.3%増加と、住宅価格の上昇が見られるようになりました。 以前もアメリカの住宅価格は底値の兆しとお伝えしました。

ロサンゼルスの不動産ブローカーに聞いても、住宅価格の回復が見られるため「もっと価格が上がる」と思い、売り手は売却を控える傾向にあり売り出し物件が限られてしまうそうです。

また買い手は数少ない売り出し物件に殺到するという状況が見られるそうです。
続きを読む
ラベル:住宅価格 不動産
posted by 小崎壮平 at 11:07| 不動産 住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月05日

財政危機のスペイン政府、支払い3ヶ月遅れで倒産危機に喘ぐ業者

ユーロ圏各国の政府機関による支払い延滞日数
20130104_ユーロ各国の政府機関による支払い延滞平均日数.jpg
WSJ

財政危機で知られるイリノイ州は「お金がないから業者の請求に支払わない」という極めて無責任な州であると以前ご紹介しましたが、どうやらヨーロッパの政府機関も業者に支払いを遅らせるという無責任な対応をしていることが発覚しました。

政府機関による支払い延滞日数は2009年の51日から2012年には80日に増加。 一方でドイツの支払い延滞日数は2009年の15日から2012年の11日に減少しました(上のグラフ参照)

スペインの女性経営者は地方政府の35万ユーロの支払いが4ヶ月遅れとなっており、自らの給与を未払いにし、また従業員を5名を解雇、他の従業員9名の給与は現在も未払いとなっている。信用のない顧客の受注をやめたことにより、2008年から売上は半減。どうしようもない状態となっている。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 10:55| 政府債務問題・ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月03日

エジプト通貨暴落、ドル外貨不足でエジプト経済崩壊の危機

エジプト・ポンドチャート
20130102_EGP_USD_Chart.gif

政治的混乱が続くエジプトは、外貨準備金が危機的水準まで低下し経済破綻危機が襲っています。

2011年に国民の反政府運動でムバーラク大統領を辞任させたエジプト革命以降、経済が低迷。 極度の外貨不足に陥り、2012年11月現在でエジプト中央銀行の米ドル外貨準備金は必要最低水準の目安とされる輸入額の約3カ月分に相当する150億ドルまで減少しました。

中銀は200億ドルの外貨準備金を取り崩してエジプト・ポンドの買い支えを行ってきましたが、そろそろ限界にきています。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 19:04| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月02日

一目で分かるリーマンショック不況の経済『勝ち組』『回復組』『負け組』国家

経済成長率と株価  (2007年−2012年12月)
【経済負け組】 - イギリス、日本、フランス、イタリア、スペイン

20130101_イギリス_日本_フランス_イタリア GDP成長と株式市場.gif
NY Times

今から5年前、2007年10月−12月期にアメリカ経済はピークに達し、その後リーマンショックによる金融危機、そしてギリシャ、スペインなどのユーロ危機などグローバルな不況が世界を襲いました。

その中でも経済『勝ち組』、『回復組』、そして『負け組』の国家が存在しています。

日本は堂々の『負け組』。 イギリス、日本、フランス、イタリア、スペインの経済は2007年からほぼマイナス成長、 株式も長期低迷を続ける。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 11:50| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。