2013年02月28日

コロラド州 遺伝子組み換え作物の表示義務を否決、モンサントに牛耳られるアメリカ

20130227モンサントのラウンドアップ 出生異常.jpg

癌を引き起こす危険性があるとして物議を醸す遺伝子組み換え(GM)作物ですが、コロラド州の下院議会ではGM作物の食品表示義務が否決されました(Examiner)。

遺伝子組み換え作物は人体への安全性が十分に証明されていないため、ヨーロッパ、カナダ、ロシアを含む世界60カ国以上で遺伝子組み換え作物の食品表示義務が課せられています。

コロラド州は全米で始めてマリファナが合法化されたリベラルな州ですが、カリフォルニアに続きコロラド州が表示義務化を否決されたのはGM作物反対派としては絶望的な事態といえましょう。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 11:38| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月27日

米住宅価格 前年比6・8%上昇、この『異常』な値上がりの訳とは?

S&Pケース・シラー住宅価格指数
sp-case-shiller-3.jpg
S&P

昨年12月のS&Pケース・シラー住宅価格指数は、主要20都市の値動きを示す指数が前年同月比で6.8%上昇した。7カ月連続で前年同月の水準を上回った。上昇率も前月までと比べて拡大し、住宅市況が明るさを増している様子を映した。(日本経済新聞

先日、ロサンゼルスの不動産ブローカーに話を伺ったところ、今の不動産市場は『異常』とのことでした。 売り物件に対して買い手からのオファーが10件あるのは当たり前で、いい物件となると20件以上もオファーがでることがあるという。

家を買いたくても買えない状況が今のカリフォルニアの不動産市場となっています。次のグラフをみれば、今のアメリカの不動産状況が一目瞭然でわかります。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 18:16| 不動産 住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月26日

アメリカでも金持ちより貧乏人の所得が増えていた時代があった!

トップ1%所得、 生産性、平均賃金の変化(1979年を0)
20130225_アメリカのトップ1%所得と平均賃金の変化.png
Zero Hedge

所得格差が急速に拡大するアメリカでは、生産性が向上(上グラフ緑)に伴いトップ1%の所得は大幅に増加しているのに対して平均賃金は全く伸びていません。

アメリカの所得格差問題については当ブログでの何度もお伝えしてきましたが、実はアメリカで貧乏人の所得が金持ちよりも増えていた時代があったのはご存知でしたか?
(正直僕は知りませんでした)

僕が目から鱗だったグラフはこちらとなります。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 15:51| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月24日

恐慌のイギリス経済 先行き悪化が一目でわかる1枚のグラフ

米英のマネーサプライ(M4)推移グラフ
20130223_アメリカとイギリスのマネーサプライ推移.png
Azizonomics

先日、世界大恐慌以下のイギリス経済なっているとお伝えしましたが、つ遂に大手格付け会社のムーディーズが英国債格付けを最上位の「AAA」から1段階下の「Aa1」へと引き下げました。

まっ、あれだけの経済状況が悪くてなぜ最上位なのか疑問がのこりますが、それにしても状態は悪い。

上のグラフはアメリカとイギリスのマネーサプライ(M4)を比較したものです。

M4:現金通貨+預金+住宅貸付組合出資金

アメリカのマネーサプライ(左グラフ)はリーマンショック後、一旦は下がりましたが2010年から上昇に転じています。 しかし、イギリス(右グラフ)は下がり続け、信用収縮が一段と深刻化しています。

信用収縮の加速することでこれでは資金の流動性が下がる。 

イギリスの先行きは深刻な不況が待っていそうだ。

★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。

 人気ブログランキング


posted by 小崎壮平 at 08:28| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月23日

マイケル・ジョーダンの神業 ベスト50集


伝説となったバスケットボールの神様と呼ばれたマイケル・ジョーダン。

ジョーダンがジャンプをすると「空を飛んだ」と表現したほど、空中でのプレーは見る者を驚嘆。

その神業のベスト50がこのビデオに詰まっている。 注目はベスト9のダンク大会の動画。これはまさに「空を飛んでいる」 ジョーダンがそこにあった。

posted by 小崎壮平 at 17:32| 動画 ユーモア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月22日

グーグルの次世代メガネ端末「グーグルグラス」の機能はこんなに凄かった!


グーグルのメガネ型端末「グーグル グラス」が試用販売されました。メガネフレームの右側に小型のスクリーンが設置してあり、音声操作によって写真・ビデオ撮影やナビゲーション、ビデオ再生などができる優れものです。

昨日、Youtube動画に投稿されましたGoogleの「プロモーションビデオ(How do you feel (through glass)」を見てみると予想以上に可能性の秘めた端末になりそうだ。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 11:40| ビジネス・マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月20日

ビルゲイツが遺伝子組み換え作物で世界支配する『偽善』財団

20130219_ビルゲイツ_カルロススリム.jpg

世界1位の富豪カルロス・スリム氏と世界第2位の富豪 ビル・ゲイツ氏は、遺伝子組み換え(GM)種子の開発を目的したメキシコの研究機関に2500万ドル寄付した(huffingtonpost)。

ビル・ゲイツによるゲイツ財団は、世界の食糧危機に対して遺伝子組み換え作物の使用をサポートしています。

今、ゲイツ財団はやろうとしていることは、1940年代から60年代にロックフェラー財団がおこなった「緑の革命(Green Revolution)」のような農業破壊です。

ロックフェラー財団は高収量品種の導入や化学肥料の大量投入によって穀物生産性を向上させ、大量生産を実現させました。

しかし、化学肥料の使用による農作物は、人間の癌、アレルギー、糖尿病、認知症などあらゆる生活習慣病を引き起こし、人間の健康を損なわせたのです。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 15:54| 自然治癒・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月19日

米有力投資誌 バロンズ「アメリカは恐慌になる」


20130218_barrons-cover-3.jpg

アメリカの週刊投資情報誌のバロンズ(2月18日号)は、一面の見出しにオバマ大統領の一般教書演説の写真を載せ「私についてきなさい。 我々はギリシャになるだろう」と、痛烈にオバマ政権を批判した。

同記事で、「もしオバマ大統領の政策を実行すれば、25年以内にアメリカは現在のギリシャよりも悪化するだろう」と指摘。

確かに議会予算局に資産によると、増税と歳出カットをしなければ、2035年には連邦債務は153%に達する。

2012年の年末、「財政の崖」問題では巨大な連邦債務からみれば0.6兆ドルの争いは雀の涙に過ぎないと当ブログでも指摘しました。

「もしアメリカの債務が今後も拡大し続ければ、アメリカは超長期的な不況か、恐慌になる可能性が極めて高い」とバロンズが指摘。

直ちに増税と歳出削減の実施が必要とバロンズは指摘したわけですが、債務拡大は問題であるという指摘は極当たり前です。

ただこの議論、アメリカより日本が先にいく。

★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。

 人気ブログランキング


posted by 小崎壮平 at 13:53| 米財政・国債・ドル・デフレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月18日

30年で80%消滅した北極氷河

北極氷河体積の推移 (1979年-2012年)
20130216_消える北極の氷河.png
Thinkprogress

北極の氷河が恐ろしい勢いで消えています。北極氷河の体積は1979年から80%消滅しました。

イギリスの専門家の調査によると、2003年から2012年までの間で北極氷河は、夏(9月)には36%減少。冬(4月)でも9%減少したという。
続きを読む
タグ:地球温暖化
posted by 小崎壮平 at 03:18| 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

90%の加工食品が遺伝子組み換え作物に犯される恐怖

Corn-with-poison-symbol.jpg

先日、バレンタインデーがありました。アメリカでは男性が女性にプレゼントをあげる習慣となっているので、帰宅途中にスーパーにいってプレゼントを買った。


お店にはバラやチューリップなど花束が置いており、ハートマークのサインがあちらこちらに飾ってあった。 ピンクのチューリップとおいしいフルーツタルトを買い、妻に「ハッピーバレンタイン!」とって渡すと、妻は無表情で「ありがとう」と受け取った。

サプライズのつもりで買ったのに、無表情で受け取られると選んだ花が綺麗じゃなかったかなと反省。 来年はしっかり準備しようと思ったバレンタインデーでした。

さて、バレンタインデーといえば、チョコレートが大量消費されるわけですが、アメリカのチョコレート業界の70%はハーシーマーズの2社に独占されている。

つまり、私達が食べているチョコレートの70%はモンサントによる遺伝子組み換え(GM)のコーンや大豆が入っていることになります。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 17:15| 自然治癒・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。