2009年02月25日

マリファナはカリフォルニアの財政危機を救う?

先日、アメリカでは大麻合法化の容認がすすんでいると書いたが、なんとカリフォルニア州では、マリファナを合法化し、税収を増やそうという案がでている.




■ カリフォルニアでの140億ドルものマリファナが栽培されている.
   (野菜 57億ドル、 グレープ 26億ドル)

■ 大麻合法化による税収で年間10億ドル、また販売ライセンス収入をふくめ年間13億ドルの税収効果が現れる.


CNNでは、 さまざまな意見が寄せられていた.以外にも大麻合法化支持者が多い.





CNBCで、マリファナ産業についてのドキュメンタリー.40分と長いが、大麻問題と取締りの限界がよくわかる.


ラベル:合法化 大麻問題
posted by 小崎壮平 at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | カリフォルニア・州財政危機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。