2009年05月05日

ストレステスト なぜリーク情報が流される?

オフィシャルには、5月7日にストレステストの結果を公表することになっているが、すでにシティ バンクオブアメリカ、ウェルスファーゴなどの追加資本が必要とのさまざまな情報が流されている.


■ ウェルスファーゴ ストレステストで追加資本へ
Wells Fargo Is Asked to Raise More Capital After Stress Test
CNBC May 4, 2009

■ シティグループ、追加資本100億ドル
Citi Said to Need Up to $10 Billion
Wall Stree Journal May 2 2009

■ バンクオブアメリカ、追加資本100億ドル
BofA and Citi in last push on stress tests
Financial Times: May 4 ,2009

■ ストレステスト 19銀行中 10銀行は追加資本の指導
More Banks Will Need Capital
Wall Stree Journal May 5, 2009


バンクオブアメリカは、Financial Timesの報道は謝っているとリーク情報を完全否定している.
(B of A says no plans to raise $10 bln in stock Reuter May 4, 2009)

ここで大きな疑問.

どちらが正しいのか?

銀行側は真っ向からストレステストの実効性を否定しているので、リーク情報は金融当局から流れているのでしょう.

 Felix Salmonの推測
1.金融当局が情報をリークすることによって市場の反応を見る.
2.100億ドルよりずっと少ない追加資本額であれば、市場の反応が予想よりも悪くないと好感
3. 銀行側が追加資本を受けれやすくさせる


いずれにせよ、銀行が猛反発し、ストレステスト結果を交渉している時点で、ストレステストの意味がなくなっている.

問題は政府が手におえないくらい金融機関が大きくなりすぎ(Too Big to be financially restructured)、金融機関が政治的に大きな力を持ってしまったことだ.

不良債権処理を進めなければならないのは誰もがわかっていることだけど、なかなか難しそうだ.


P.S. Tech Ticker


Citi, BofA, Wells Fargo Fly in the Face of Stress Test Worries
シティ、バンクオブアメリカが、十分な資本があるというのは、ばかげている.
おおくの銀行は、追加資本が必要なのは間違いない.





posted by 小崎壮平 at 16:00| ストレス(健全性)テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。