2009年10月23日

ゴールドマンサックス 100億ドルの巨額詐欺利益

15日のゴールドマンサックス 第3四半期決算(3Q)の発表について.

 

米ゴールドマン・サックスが15日発表した第3・四半期決算は、予想を上回る大幅増益となった。

普通株株主帰属分の純利益は30億3000万ドル(1株当たり5.25ドル)となった。

Source: ロイター

 

 

 

4半期決算では、ゴールドマンサックスの史上2番目に
高い好決算となりました.

まるで魔法のようにあがげた巨額利益.

いかに3ヶ月で30億ドルもの利益をあげたのでしょうか?

 
MSNBCのDylan Ratiganはその本質を
わかりやすく説明してくれていました.

Visit msnbc.com for Breaking News, World News, and News about the Economy



利益をあげた部門の内訳をみてみると.

 

Financial Advice: 3億2500万ドル

Selling Stocks: 3億6300万ドル

Selling Bonds:2億1100万ドル

Trading and Principal Investment: 100億ドル

 

ファイナンシャルアドバイス、株式・債券販売はOKとしましょう.

 

問題は「Trading and Principal Investment」の100億ドル

 

この巨額利益どのようにあげたのでしょうか?

 

 

2008年秋から、リーマンブラザーズ破綻により
金融市場が混乱、株式市場は下落しました.

株価、不動産下落により資産価値下落、
ローンが借りれない.

一般の人々は現金がなくなりました.

それは金融機関も一緒.

たちまちゴールドマンサックスは資金不足となり
ウォーレンバフェットから借入をするなど総額
100億ドルの増資を2008年9月に行いました.

さらに、その後

税金をつかって700億ドルもの資金が
ゴールドマンサックスに投入されました.

TARP(不良資産救済プログラム) 100億ドル
FRB(連銀) 110億ドル、 
FDIC(連邦預金保険公社) 300億ドル
AIG(大手保険会社) 130億ドル

政府資金入手法についてはこちらの記事をご参照


このからゴールドマンサックスのマジックは起きた.

2009年3月までに株価は暴落.

株価の下落で、一般の人々など現金資金不足で苦しんでいる中
現金が割安な株式を買いたくても変えない状況.

まるで、人々の資産価値が1ドルに対して10セントしか評価
されていない状況下、ゴールドマンサックスは政府から
資金(税金)を利用し、「安い」資産を買いあさった.

つまり、ゴールドマンサックスは、政府から投入された
700億ドルもの税金を利用し、資産運用した.

この税金が投入されなければ存続できなかった
ゴールドマンサックスは、安い資産を買いあさり、
株式を吊り上げ、利益をあげた.

700億ドルの税金に対して、ゴールドマンサックスは
金利もはらっていない.

ゴールドマンサックスは、
税金を盗み、
その金を使って
巨額利益を上げた.



高額報酬は「すべての人の繁栄のため」
というゴールドマンサックス.
Source: ロイター

時代は変った.
そろそろ、私たちが金融を変えないといけません.

できるだけ多くの方に、ゴールドマンサックスの
問題を知っていただき、どんどん批判をしていきましょう

P.S. 金融機関の高額報酬に関して.



P.P.S.  過去の参考ブログです.
 


posted by 小崎壮平 at 04:05| 金融闇権力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。