2010年03月11日

ストレステストのシナリオと実績比較グラフ

去年の発表されたストレステストの標準(緑)・最悪(青)シナリオと実績値(赤)の比較グラフをご覧ください.

GDP
[StressTestGDP.jpg]
Source: Calculated Risk
GDP実績は標準シナリオの水準で推移していましたが、2009年4Qより標準より改善しました.
失業率
[StressTestUnemploymentRate.jpg]
失業率は最悪シナリオより高く推移していたものの、2010年には最悪シナリオより改善した.

住宅価格
[StressTestCaseShiller.jpg]
住宅価格は、2009年中旬から回復.標準シナリオよりはるかに改善がみられました.

ストレステストは銀行の健全性を証明したものです.

ですので、シナリオより改善しているから、景気は良くなっているとはいえませんが、
今後数年間で19行の経営が問題なく(もちろん政府救済なし)運営されれば、
ストレステストは成功だったといえましょう.
posted by 小崎壮平 at 09:00| ストレス(健全性)テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。