2010年06月18日

本国で禁止された猛毒な石油分散剤を使っていたBP



メキシコ湾石油流出事故で、海に流れ出た油は、BPが責任をもって回収・清掃作業をしなければならないりません。

しかし、最初にBPが使用していた石油を分散させるための石油分散剤は、本国イギリスが使用を禁止する猛毒な薬品を使っていたらしいです。

その薬品はNalco社製の Corexit 9500 and 9527。
こちらはイギリスの規制で、1998年に石油分解剤としての使用を禁止されていたのです。

Source: Marine Management Organization

この分散剤は、96時間以内に50%の海洋生物を致死さえるという猛毒。こんな猛毒を約2000万ガロン撒きまくっていたというのです。もとりん環境保護局(ETA)はあわてて5月20日にCorexit社の石油分散剤の使用を禁止しました。

今回の事故も、経費削減で適切な対応を行なったことが原因とされています(下記記事ご参照)BPのイメージは良くない。

とにかくハリケーンが来る前に、流出をとめてほしい。BP、頼むぞ。


原油流出:事故原因はBP社の「経費削減」

2010年6月16日


メキシコ湾沖の石油掘削施設『ディープウォーター・ホライズン』で起きた爆発事故の6日前に書かれた電子メールの中で、英BP社のエンジニアはすでにこの油井を「悪夢」と呼んでいた。


この電子メールは、米下院エネルギー・商業委員会が14日(米国時間)に発表したもので、今回の災害が起きるまでに、経費を削減する目的で危険な決定がいくつも行なわれていたことを示す多数の社内文書の1つだ。

「この油井は、この施設のあらゆる場所にいる誰もが見ている悪夢のようだ」と、BP社のエンジニアBrian Morel氏は同僚に向けて書いている。Morel氏はBP社に対し、ガスがパイプから噴き上がり、場合によっては爆発する事態を防ぐために、油井の周囲に「ライナー」と呼ばれる被覆を使用するよう求めていた。

4月初めには、Morel氏が指摘したようなガスの噴出により、ディープウォーター・ホライズンでは一時的に作業が中止されていた。しかしBP社は、700万ドルから1000万ドルの追加費用が必要となることから、ライナーを設置しないことを決めた。


一方、油井縦坑のセメント工事を担当していた米Halliburton(ハリバートン)社は、油井の中央に通す鋼管の位置決めを行なう「センタリング装置」を21機使うことを推奨した。鋼管が中央からずれると、セメントの硬化速度が場所によって異なり、隙間や溝ができるため、構造が弱くなって失敗する可能性が高くなるからだ。しかしBP社では、センタリング装置を6機しか使わなかった。


ディープウォーター・ホライズンに関する4月中旬の報告書には、「セメント工事が成功したとは考えにくい」とある。しかしBP社は、セメントが確実に固まっていることを1日かけて評価する「セメントボンド検層」を拒否した。評価を実施するために到着した作業員は送り返された。


さらにBP社は、掘削時に油井にたまった泥を循環させる作業も適切に実行しなかった。その結果、油井の底に泥が残り、ガスや堆積物を吸収して、油井の土台部分のセメントがさらに弱くなった。[WSJの記事によると、油井のすべての泥を循環させるには6〜12時間を要するが、この作業は4月19日にわずか30分間行なわれただけだった。


こうした短縮の背景には、「工期が1日遅れると、リグのリースや請負会社への支払いで100万ドルのコストが発生する」事態があったという]

しかもBP社は「ロックダウン・スリーブ」も使わないと決定した。これがもし利用されていたら、海底から出ている油井の上部が保護されていたかもしれない。


報告文書は、下院委員会のサイトにある。BP社のHayward CEOは17日に委員会で証言する予定だ。
Source: 
wiredvision.jp

 
posted by 小崎壮平 at 08:00| Comment(2) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『Nalco社製の Corexit 9500 and 9527』


自分が理解している範囲では、これは原油より相転移しやすく毒性も強く、容易に雨雲に混じって世界中に拡散すると思います。生態系に及ぼす影響を考えたらこちらの薬品の除去が急務でしょうね。

海流の流れとか残念ながらもう関係ない次元でしょう…第二次世界大戦並のインパクトが人類を襲う可能性も否定出来ません。
Posted by RULEZ at 2010年06月18日 13:49
いつも楽しみにしております。
これは恐ろしい話ですね。
猛毒と知っていて撒いたのでしょう。
知らないなんてありえません。
Posted by zolist at 2010年06月19日 14:16
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。