2010年12月26日

財政難でオフィスを締め出されたイリノイ州議員



50億ドルの請求を6ヶ月間未払いな極めて無責任な州ある。カリフォルニア州よりもヤバい財政状況で最悪の州として知られているイリノイ州だ。

その支払い受けられないで困っているのは、州立大学、社会福祉施設、医療保険や公共工事などなど。

ある社会福祉施設では900万ドルの支払いが未払いで、融資限度額まで借り切った。その施設の責任者は、「資産を売り払って、すべての借りれる人から借りるしか方法はない」という。

問題は社会福祉だけではない。

州政府が賃貸を支払わないので、イリノイ州議員はオフィスを締め出された。
イリノイ州警察官は、州のクレジットカードを拒否されたので、ガソリンすら補給ができない。

州財務責任者のへインズ氏は、このような状況に追い込まれている人に対してこう言う。

私のまず言えるは「申し訳ない」という言葉だが、受け入れられるものではない。あなたも分かっているように私にできることは、謝ること以外に何もできないのだ」

Source: 60 Minutes

カリフォルニア州は、一時的にも「IOU(借用書:約束手形みたいなもの)」を発行して対応したが、イリノイ州は「払えないものは払えない」という極めて無責任な姿勢だ。

州公務員の給与や年金問題などにはまだ手が出せない状況でしょうが、いずれ基金は枯渇し「現実に直面する」時がくるでしょう。

この問題先送りはいつまでつづくのでしょうか?


★ 1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキング


2010年のクリスマスプレゼント「自分をプログラミングして2011年を100%行動する方法」は、12月31日までの限定公開です。今すぐこちらをクリックして登録ください。

posted by 小崎壮平 at 02:21| カリフォルニア・州財政危機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。