2011年01月20日

パームスプリングスの「客なし」ショッピングモール

2009年6月撮影 パームスプリングス空港付近のあるショッピングモール風景
2009年06月23日 全米2番目に最悪失業率の大都市エリアリバーサイド郡へいく

こちらの2枚の写真は2009年6月に撮影したパームスプリングスの空港近くのモールでした。
新築のモールで建物はきれいでしたが、約9割が空き物件で淋しいモールでした。

それから約1年半後の2011年1月。このモールはどのように変わったのか?

興味深かったので視察してきました。

(2011年1月16日撮影)



MarshallsのとなりにBed Bath& Beyondが入居していました。
しかし、そのとなりの3物件は依然「空き」のまま。


大手テナントの反対側は、依然「空き物件」ばかり。


建物はきれいなのですが、人がいないとなんとなく淋しいです。



「テナント募集」の看板は、今も変わらず。

パームスプリングスでビジネスをお考えの方、こちら電話してください。

駐車場には困りません。

 ただし、現在では人口100万人以上の49都市圏中、このパームスプリングスが含まれるリバーサイドエリアは最悪の失業率(14.3%)となっていますので、経済環境にはくれぐれもご注意ください。


★ 1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓

posted by 小崎壮平 at 11:16| 商業不動産/ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。