2011年03月09日

バス氏「史上最大の国債暴落」Xデーが起きる

ポッドキャスティング質問230 国債暴落対処方針まとめる自民党「Xデープロジェクト」の補足説明

この国債暴落のXデーに関しては、海外からも注目を浴びています。ヘイマン・アドバイザースのカイル・バス氏のレポートでは史上最大の国債暴落が近いと見ています。

世界の債務残高

Source via: The Big Picture

2002年から世界の債務(信用)は年率11%上昇したが、一方GDPは4%しか上昇していない。
世界経済を支配していたのは過剰なレバレッジと債務成長に過ぎない。


日本の貯蓄と政府財政赤字(対GDP比)の関係

Source via:  The Big Picture

80年代は財政赤字(赤線)を補填できるだけの国内貯蓄(青線)があったが、現在ではそれは逆転し、国内では賄えなくなってきている。


家計の貯蓄率と60歳以上の高齢者人口率

Source: The Big Picture

東京三菱UFJ銀行は、家計の貯蓄率は2015年にマイナスになると見込む。その60歳以上の高齢者の人口比率は3割を超える。


各国の歳入に対する債務と債務利払いの割合

Source via: The Big Picture

日本国債が売れなるXデーで、もし日銀が国債買い取りをすることになれば、国債の金利上昇をまねき通貨としての円は崩壊するだろう。

中央銀行が危機を抑えようとも、回避しようと努力しても、彼らはいずれ「敗北」を認識することになるだろう。

債務問題を解決しない限り、金融システムはより悪化する。




★ 1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓

posted by 小崎壮平 at 22:00| 日本問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。