2011年08月25日

東海岸M5.8地震 ベントで大量の水蒸気が放出されるノースアナ原発



アメリカの東海岸のM5.8の地震で、バージニア州のノースアナ原発2基が停止した。

外部電源が絶たれたものの、ディーゼル発電機は作動した。

そうだが、上のYoutubeの動画では、2基中1基がベントによって大量の水蒸気が出ているのが観れる。




もちろん原発の広報は「放射性物質が漏れていない」ので『安全』といっているが、原子炉に圧力が増したからベントしているので、バックアップ装置が『正常』に稼動しているとは思えない。

真相は不明にせよ、このノースアナ原発の耐震設計はM5.9-6.1。M5.8の地震がこうなんだから、もっと大地震がきたら倒壊しているのだろうか?

アメリカの原発はかなり古い老朽化した施設を無理やり使っている。放射能が駄々漏れの状態で使っているのは無理がある。

この地震をキッカケにアメリカの原発の安全性を見直して欲しいと願う。



★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキング

------------------------------------------------------------------------
【期間限定オファー】8月30日(金)23:59終了
40名の有名起業家が、 “50個の起業・副業ノウハウ”を
完全無料でプレゼントしてくれるそうです。
→今すぐこちらをクリックして登録する。
------------------------------------------------------------------------

posted by 小崎壮平 at 12:54| 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。