2011年10月03日

ギリシャ化するアメリカ、金融支配への『怒り』



 米ニューヨークのマンハッタンで1日、米金融機関や政府に対する大規模なデモが行われ、ブルックリン橋上で座り込むなどした700人以上が逮捕された。

 このデモは「Occupy Wall Street(ウォール街を占拠せよ)」と名付けられた抗議活動で、リーマンショック後の金融機関に対する公的資金注入のほか、住宅差し押さえや高止まりしている失業率などに抗議するため、世界最大の金融街であるウォール街周辺で先月17日ごろから始まった。

警察当局は午後遅くになって、参加者700人以上を逮捕したという。(ロイター)
ニューヨークの小規模デモで強制的に抑える警察



小規模の平和的なデモ活動であったにもかかわらず、NY警察はペッパースプレーなどを使用し非暴力の女性やカメラマンなど強引に取り押さえられました。



ギリシャやイギリスで起きたような暴力的なデモ活動ではないにもかかわらず、アメリカでは治安悪化に敏感になっているようです。


★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキング
posted by 小崎壮平 at 02:10| 金融闇権力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。