2011年10月04日

破綻モードに入ったバンカメ 打つ手なしの連銀

バンクオブアメリカ CDSスプレッド
Source: MarketBeat

3日の株式市場では金融株が急落、米金融大手のバンクオブアメリカ株は9.64%の急落。Market Beatによれば、バンクオブアメリカのCDS(破綻保険)スプレッドは8%上昇し440ポイント、これはリーマンショックを超える過去最悪。

先日お伝えしたモルガン・スタンレーも7.70%下落し、CDSスプレッドは16%上昇の552ポイントとなっています。

バンカメ 株価


3日の米金融株
バンカメ:-9.64%
シティ:-9.78%
モルガンスタンレー: -7.70%
ゴールドマンサックス: -4.73%
JPモルガン:-4.88%
ウェルス・ファーゴ:-3.90%


バンカメは破綻モードに入っていて、かなりアメリカの金融市場が狂ってきています。

先日、米セントルイス連銀のブラード総裁は景気が悪化すれば米連邦公開市場委員会(FOMC)はインフレリスクを警戒しつつも、追加の緩和政策に踏み切る用意があるといったそうですが、彼は同時のこのようなコメントを残しています。

「このプログラムの効果は軽微であると私は考えるが、一定の影響があるかもしれないことを示唆する分析は提示されていた」

いくら金融緩和をやっても、金融機関の体力が弱体化している今、金融政策をやってもアメリカの景気は回復できない絶望的な状態です。


★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキング

posted by 小崎壮平 at 11:28| 金融機関 FDIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。