2011年11月10日

ギリシャと訳が違うイタリア破綻危機


ポルトガル、イタリア、アイルランド、ギリシャ、スペインの10年債利回り

20111109_EU_PIIGS10年国債利回り.png
Router

イタリアのベルルスコーニ首相が、欧州債務危機への対応に失敗し辞意表明、国債金利が危険水域といわれる7%を超えまいした。

アイルランドもポルトガルも10年債の利回りが7%を越えてから利回り上昇に歯止めがかからなくなりました。今イタリアも危険水域を超え、イタリアが財政難に追い込まれようとしています。

ただし、イタリアの規模はギリシャやポルトガルなどの規模と訳が違います。

EU圏債務 国別の債務高シェア
20111109_EU圏 国別債務シェア.png
Router

イタリアの債務残高は、ギリシャ・ポルトガル・アイルランドの3国を合わせても約3倍となります。EU圏では第3番目の大きい国となります。

イタリア債務保有国
20111109_国別_イタリア国債保有残高.png
Router

イタリアの財政破綻で最も影響を受ける国は4164億ドルも保有するフランス。ドイツ、イギリスと続き、日本も442億ドルを保有する。


ちなみにギリシャはというと。。。

ギリシャ債務保有国
20111109_国別_ギリシャ国債保有残高.png
Router

1位はフランスで557億ドル、2位ドイツの214億ドル。 イタリアと比べると、単位が一桁小さいが、ギリシャ、イタリアがぶっ飛ぶことで、フランスがぶっ飛ぶ。

そして、頼れるのはドイツしかいないが、ドイツ国民は他国の救済には反対している。

この行く末どうなるのか、かなり不透明だ。



★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキング
ラベル:財政破綻 EU
posted by 小崎壮平 at 12:42| 政府債務問題・ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。