2011年11月14日

JPモルガン 「イタリアは最終的にIMF救済される」




今年の年初にはイタリアはギリシャ、アイルランドとは違って健全だといわれていましたが、最近のイタリア国債利回りが急上昇したことで破綻危機となっています。

BBCによると、イタリア国債の利回りが8%になるだけで、2015年までに税収の20%が利払いとなってしまうという。

イタリアの経済規模はギリシャとは桁違いに大きく、JPモルガンは最終的にはIMFによる救済となると指摘している。

イタリアで可決された財政安定法案は、年金支給開始年齢の65歳から67歳への引き上げ国有企業の民営化国有財産の売却など緊縮財政がメインとなっている。

ギリシャ同様、『熱い』イタリアの国民は暴動などで抵抗するでしょうし、首相交代したとしても今後も厳しい局面が続きそうだ。



★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキング
posted by 小崎壮平 at 07:20| カリフォルニア・州財政危機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。