2011年11月22日

破綻したMFグローバル 2割『消えた』顧客資金




経営破綻した米金融会社MFグローバルの顧客口座の不足額が当初見込まれていた額(6億ドル)の約2倍の12億ドル(約923億円)を上回る可能性と管財人が発表した。

顧客口座の合計が
54億ドルうち2割もの資金が消えたことになる。

MFグローバルの顧客であるPatel氏は、130万ドルの資金が口座にあった。MFグローバル破綻後、資金にアクセスすることができず、新しい証券会社に移された資金はたったの24万ドル相当だそうだ。

他の顧客であるJason Skole氏は個人投資口座として18万5000ドルの資金があったが、新しい証券会社に移された資金はたったの7500ドルだという。

Source: Business Insider

証券会社の顧客資金はタッチしてはいけないルールになっている。その証券会社が破綻したらこのような事態になっているのである。

相対取引するFX業者が破綻したら、その顧客はこれよりもっと最悪なことになる。FX取引は為替のリスクだけでなく、業者の破綻リスクの方がもっと怖い。

金融危機が起きてちょっとでも混乱すれば、FX業者はバタバタ潰れる。重ねていうが、FXで儲けようとは考えず、今すぐ口座から引き出して自分の資産を守ったほうがいい。



★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキング


ラベル:FX
posted by 小崎壮平 at 10:31| 金融機関 FDIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。