2011年11月28日

儲かる銀行経営は借金にあり!


アメリカの金融機関収益と総債務(対GDP比)

20111127_総債務と金融機関の収益グラフ.jpg
Zero Hedge

アメリカでは金融機関がもたらしたこの不況と稼ぎすぎる金融機関に対して反対する反格差運動(ウォールストリートを占拠せよ運動) が行われている。

上のグラフをみれば、80年代から総債務があがるにつれ、金融機関の収益も比例して上がった。

これは80年代におけるレーガン政権による金融の規制緩和。そして、神様として崇められたグリーンスパン元FRB議長も信用を増やす政策(規制緩和)等に賛成して、金融機関に有利な環境を作ることに最優先した人だ。

これまでは、借金増やせば景気が良くなった。しかし、政府がこれ以上債務を増やすことができなくなった。あとはデフレしか残る道はない。

★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキング
ラベル:反政府運動
posted by 小崎壮平 at 02:21| 金融機関 FDIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。