2012年02月01日

カリフォルニア州の3月に現金枯渇 財政危機の『冬』再来か!



カリフォルニア州の財務担当は、議会が迅速な対応しない限り、今年の3月月初にも現金枯渇するとと警告した。


財政担当は、33億ドル相当の支払いの遅延と債務借入を実施しないと、3月8日にマイナス7億3000万ドルの現金不足となるという。

Source:The Sacramento Bee

「カリフォルニアの借金問題は借金を増やしたことで解決したはずじゃないか?」と多くのかたが疑問に持たれると思います。

なぜ現金が枯渇する事態になったのか?

単純に、予算のよりも収入が少なく、支出が多かったからだ。財務担当によると「当初見込みよりも州の税収は26億ドル少なく歳出は26億ドル多く費やしてしまったのだ。

カリフォルニア州はシュワルツネッガーに代わってブラウン知事が去年就任したが、就任当初の州の財政難の現実に直面して「カリフォルニアは空想の世界だった」と発言した。

カリフォルニアは空想の世界の『冬』に入る。


★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキング

posted by 小崎壮平 at 10:30| カリフォルニア・州財政危機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。