2012年05月05日

アメリカの就業率 過去30年で最低水準

米労働力率(就労率)グラフ 1950-2012
20120504_米労働力率グラフ 1950-2012.jpg
Scott Barber

4月の米失業率は8.1%と前月の8.2%より低下しましたが、その要因は職探しをあきらめた人の数が増えたことを反映したものだった。

労働力人口に占める就業者の割合(労働力率)は、63.6%に低下。 この数字は1981年以来の30年ぶりの低水準となっています。
非労働力人口

Zero Hedge

職探しをあきらめた人らの非労働力人口は 8790万人となり急増し、過去最高を更新しています。

失業率が低下したと言ったって、職探しをあきらめた人が非労働力に外れたためであり、実際のアメリカの雇用環境は最悪となっています。


★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキング
posted by 小崎壮平 at 07:59| 失業率・雇用環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。