2012年05月08日

最も『安全』な投資 ゴールドの落とし穴


最も安全な長期投資先は?
20120507_最も安全な長期投資先_アンケート.png
Business Insider

Gallapの調査によると、最も安全な長期投資先として3割のアメリカ人はゴールドと回答しました。

政府が破綻して通貨が紙切れになるなどと今後の先行き不安からゴールドが『安心』と考えられていると思いますが、果たしてゴールドは本当に安全なのか?
1970年からのゴールド価格

Business Insider

そもそも世の中に安全な投資など存在しない。 リスクを取る代わりに、リターンを期待するのが投資だ。

安全な投資先として3割の人がゴールドと答えたのは、ゴールドは値下がりするリスクが少なく、そして長期的なリターンが期待できると考えているんでしょう。

2000年代の不動産バブルでも不動産は「最も安全な投資」として信じられ、年間で平均8%増加し、不動産が下落するリスクはないとまで言われました。


そんな不動産神話によって多くの庶民は不動産に投資をして失敗した。


ゴールドにもそんな危ない神話のように思える。 ゴールドは金利がつかないので、価値が上がるには、産業・装飾用の需要が増加するか、ゴールドを購入する投資家が増えなければならない。

産業・装飾用の需要は限られているので、結局は「投資家」のゴールド値上がりへの期待が価格を上げてきました。

過去のリターンが将来のリターンになると庶民が期待し、それを『安全』と信じるときが一番危ないかもしれません。



★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキング
posted by 小崎壮平 at 09:10| 株式・投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想