2012年06月23日

信用収縮を招くムーディーズの金融機関『大量』格下げ

グローバル金融機関17社のムーディーズ 新格付け
20120622_ムーディーズ_グローバル金融機関17社の新格付け.png
Router

格付け会社大手のムーディーズは大手金融機関15社を格下げしました。 上の表には今年格下げされた2社を含む、グローバル金融機関の新旧の格付け。
モルガンスタンレーが3段階引き下げられると注目されていましたが、実際には2段階の格下げ。

3段階格下げされば取引相手から96億ドルの追加担保を要求される可能性がありましたが、2段階格下げは68億ドルの追加担保だけですむことになりました。


ただ、金融業界の格下げは、資金調達コストの上昇、追加担保の積み上げが必要となり、資金の流動性が下がることを意味します。

ソブリン債や金融機関の格下げによって信用収縮の流れは止められません。格付けは『ご意見』に過ぎないものですが、このような大量格下げはグローバル経済に大きな影響力を与えます。



★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキング
posted by 小崎壮平 at 09:31| 金融機関 FDIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。