2012年06月29日

山火事がモンスター化するアメリカ、過去500年で最悪の乾燥

20120628_コロラド州 山火事.gif

米コロラド州やユタ州など西部で今月中旬ごろから山火事が多発、乾燥した空気と強い風で勢いが衰えず、消火活動が難航している。26日のロイター通信によると、両州の焼失面積は少なくとも計5万3600ヘクタールとなり、東京都の山手線内側の面積の8倍を超えた日本経済新聞)

アメリカの山火事(Wild Fire)が1960年から記録されてきましたが、Earth Land Journalによると過去50年でワースト6の山火事は2000年以降に起きたという。

なぜ最近になって山火事の規模が拡大し毎年起こっているのでしょうか?


全米干ばつ地域マップ
20120628_全米_干ばつマップ.gif
http://droughtmonitor.unl.edu/

上のマップは全米の乾燥エリアのマップになりますが、アメリカの南西部は『重大な』乾燥地域となっています。

U.S. National Academy of Sciencesによるとアメリカ山間部は過去500年間で最も乾燥しているという。極度の乾燥が山火事をモンスター化していると言えます。

さらに気候の乾燥は水不足となり、深刻な水不足は世界危機を引き起こすことになりそうです。



■西アフリカのチャド湖は、砂漠に変わってしまった。
■『水』戦争の恐れ- 水利権への緊張拡大が中央、南アジアの情勢を不安定にする
■石油と同様に、水不足が今世紀の最大の問題となる。
■アメリカのオガララ地下水の水深は240フィートあったが、今日では80フィートに減少。アメリカの穀物地帯に供給する水が枯渇となる。
■テキサス州のハッピー市では、地下50フィートまで水が枯渇。農家は土地を手放し、政府保護区に指定された。
■米農務省(USDA)は、「水の供給は、平原は農業に非経済的になるだろう」
■コロラド川はかつて太平洋に注いでいたが、ラスベガスでの水需要により、今では途中で枯渇している。
■アフリカでは水のペットボトルに使いすぎで、いくつかの街は砂漠化したという。
■マッキンゼーによると、水の需要は現在の供給量より40%多くなっている。
■将来も水不足危機により食料価格が上昇するのは間違いない状況といえる。
■アメリカ政府によるコーンのエタノール利用は、食料価格を上げるだけでなく重要な水資源を無駄にしている。
2011年09月18日 世界は水不足の危機に襲われる

★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキング
posted by 小崎壮平 at 09:43| 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。