2012年07月12日

史上2番目最悪 10倍『たちの悪い』サンバーナーディノ市破綻



米カリフォルニア州のサンバーナーディノ市議会が破産法の適用申請を決めました。  カリフォルニア州内での自治体破綻がストックトン市マンモス・レイクに続きてたった2週間で3件目の財政破綻は異常事態といえます。


サンバーナーディノ市は人口21万人の自治体で、ストックトンに続き史上2番目に最悪の市自治体の破綻となります。 同市の財政赤字は4000万ドルに対して、同市の銀行残高にはたったの15万ドルだったという。

ストックトンやマンモス・レイクでは裁判所における債権者との調停協議による交渉決裂による破綻、計画通り(想定内)の破綻であったの対して、 サンバーナーディノ市は現金ショートによる『突然』の破綻劇だった。

ストックトンとマンモスの破綻と比べるとこの計画性のない財政破綻は、10倍『たちの悪い』と言われています。

おそらく行政は差し迫る財政危機に対応を先延ばし今日まで至ったのでしょう。 行政の怠慢によるツケは住人が追うことになる。

現在、サンバーナーディノ市が払える金も使える金もない。この破綻によって、『たちの悪い』悲劇はこれから始まる。


★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキング
posted by 小崎壮平 at 14:27| カリフォルニア・州財政危機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。