2012年07月23日

アメリカの州・地方行政の9割は財政破綻させる『ねずみ講』システム



先月末、人口規模で最大の地方自治体の破綻したストックトン市ですが、 その破綻原因は長年の放漫財政だった。

ストックトン市のマネジャーであるBob Deis氏は、同市の財政の歴史は恐ろしいほど『ねずみ講』のような類似性があるとしてしている。

ストックトン市は市公務員の多額の給与とベネフィットを約束。1990年代には将来の財源の見込みがないのに、退職者への福利厚生を改善する決定を続け、公務員退職者への支払いに多くの予算が割かれるようになっていった。

将来の債務支払いを考えずに、自分らのベネフィットを最優先に支払いをする。 これ以上持たないとなったときに突如、破綻することになる。



Pew Centerによると、全米の州・地方自治体の2010年度、公務員福利厚生の積立不足は1.4兆ドルにもなる。その内、州政府が積み立てしているのは支払い義務総額のたったの5%に過ぎない。

不幸にもその支払いができる見込みなどなく、 政治によって公務員改革して『将来』のために対策をするか、ストックトン市のように行き着くとこまでいって破綻するか、のどちらかだ。

ロサンゼルスの元市長が「5年以内に90%の州政府と地方行政が破綻する」といっているのように、自分の身を守ることしか考えられない政治家と公務員では、もはや解決策はない。

政治家も公務員も「ねずみ講」の運営者で、こんなストックトン市の破綻は氷山の一角に過ぎない。

P.S. もちろん、アメリカだけではありません。日本の政府や年金システムも「ねずみ講」です。


★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキング


posted by 小崎壮平 at 05:21| カリフォルニア・州財政危機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。