2012年08月10日

中国 コピー品取り締りで繁華街が『新』ゴーストタウン化?


Business Insider

中国の瀋陽の繁華街にある小売店が悉く閉店しているそうだ。 どうやら政府当局がコピー商品の取り締まりを強化し、警察に連行されることもあるらしい。

そのため、警察や役所の権力には逆らえないという恐怖から、店のオーナーが閉店して逃げ出した。 そのため、瀋陽の小売店がシャッターを閉め、人がだれもいないゴーストタウン化しているとうことだ。





これまでは人が住まない『新築』ゴーストタウンは取り上げましたが、中国からコピー商品を排除するのは正しいことをしているかもしれないが、’『偽』物作りが主要産業の中国にとって、経済崩壊を招くか(笑)?

Business Insider


★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。


人気ブログランキング



posted by 小崎壮平 at 15:05| アジア・中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。