2012年08月23日

ミシシッピー川枯渇危機、水運は片側通行



先日、ミシシッピー川の枯渇危機をお伝えしましたが、アメリカでは未だに恵みの雨が降らず、ミシシッピー川の水量は低下する一方です。

川幅が狭くなったため、あるエリアでは船が片側通行となる事態に発展。輸送による遅延と混乱によって輸送コストが急騰しているとのことです。



アメリカの穀物は60%、石油&天然ガスは22%、石炭の20%がミシシッピー川を通じて貨物輸送されています。

引き続き雨が降らなければ、水量は史上最悪の水準になるとのこと。

すでに干ばつによって農作物の収穫量が激減することは確実で、さらにエネルギー、食料など全ての食料品や光熱費に反映することが予想されます。

このアメリカの異常気象は危機感を持つ必要があります。



★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキング


posted by 小崎壮平 at 16:41| 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。