2012年09月29日

資本流出加速、ヤバいスペインの金融機関

スペインの金融機関預金残高と前年比変化
2012_スペイン銀行の預金残高推移と変化.gif
BoS

失業率が25%と経済混乱のスペインっ経済。スペインが発表した銀行のストレステスト(健全性審査)では、全体で593億ユーロの資本不足が見つかりました。スペインの厳しい現状を反映していますが、上のグラフはスペイン金融機関の預金残高をあらわしているグラフです。

左側グラフはスペインの金融機関の預金残高の推移を表していますが、2011年から預金流出が加速しています(左グラフ 青線)

その内訳を前年比変化をあらわしているのが右側グラフですが、預金の流出はスペインの国民と民間企業からではなく、非居住者投資家からの資金引き上げが目立っている(右グラフ 緑棒) 投資家はスペインがいつ潰れてもおかしくないと判断んしているのでしょう。

スペインはいつ潰れてもおかしくはない。

★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキング


posted by 小崎壮平 at 16:55| 政府債務問題・ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。