2012年11月27日

大幅下方修正されたギリシャの経済成長、恐慌は2020年まで続く?

ギリシャGDP成長 IMF見込みと実績
20121126_ギリシャGDP予想と実績グラフ.gif
Zero Hedge

国家破綻危機にあるギリシャに関して、欧州中央銀行とIMFはギリシャ債務削減で合意。これでギリシャの債務は2020年に国内総生産(GDP)比124%に削減することになります。

ギリシャGDP成長は、毎年『大幅』に下方修正されてきました(上の図)

現時点での2020年の債務見込みはGDP比で144%と予想されるので、この合意に従えば、ギリシャはこれからGDPの20%を削減するという過酷な状況が訪れます。

政府の債務がGDPの2割削減される影響はとてつもなく大きい。 信用収縮 = 経済縮小。 今後もギリシャは引き続き大幅な下方修正は続きそうだ。

★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。

 人気ブログランキング



posted by 小崎壮平 at 10:49| 政府債務問題・ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。