2012年12月09日

限界にきている中国経済が解る1枚のグラフ

中国のGDPに占める投資と消費の関係
20121208_中国のGDPに占める投資と消費の関係.png
The Big Picture

2012年の中国経済は6~8%の成長率が見込まれています。 中国では2000年から2008年の金融危機までは国内インフラ整備などで投資が盛んに行われていました。その結果、GDPに占める投資の割合は、2000年の34%から2011年に49%まで増加。一方、国内消費は対GDP比で46%から34%まで減少しました(上グラフ参照)

アメリカでは消費はGDPの7割で投資は12%の構成となっていて、中国経済がいかに設備投資(つまり土建業)に頼っているかがわかります。

新築住宅をたくさん建設した結果、誰もすまない新築ゴーストタウンができました。また、世界経済の低迷によって、生産設備は過剰供給になっており今後の新規投資が行われる可能性は低いです。

今後の中国経済は長期的に困難な時期を迎えることになりそうです。

★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。


 人気ブログランキング


posted by 小崎壮平 at 00:28| アジア・中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。