2013年01月15日

半数以上の共和党下院議員は『アメリカ破綻』を支持?

米借金 16.39兆ドルのビジュアル化.jpg

Politicoによると、債務上限引き上げ問題で共和党下院議員の半数以上が「オバマ政権が大幅な財政削減に合意しない限り、アメリカがデフォルトさせてもよい」と主張しているそうだ。

共和党議員は、アメリカ破綻による市場のリアクションや政府機関の閉鎖より、アメリカが新規債務を積み上げるほうがよっぽど危険だと考えているようだ。

米下院議会は共和党が過半数を占めているため、共和党の下院議員の反対によってアメリカが破綻する可能性がでてきた。

アメリカらしい交渉時の『強気』発言だとは思いますが、ギリギリの交渉は続きます。

★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。

 人気ブログランキング


posted by 小崎壮平 at 17:12| 米財政・国債・ドル・デフレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。