2013年01月28日

異常気象の干ばつでアメリカ南部で起きている『水』を巡る争い

テキサス州 水のバトル.png

昨年夏、干ばつ被害襲い極度の水不足となったアメリカ南部ですが、州をまたぐ水利権を巡りテキサス州とニューメキシコ州、またテキサス州とオクラホマ州は米最高裁判所で争っています(WSJ) 

テキサス州では水不足によって畜産農家に甚大な被害を及ぼしましたが、その上流にあるニューメキシコ州と北部のオクラホマ州が水を「取りすぎ」と訴えたのです。

以前、水不足が地球温暖化の最大のリスクをお伝えしました。


■アメリカのオガララ地下水の水深は240フィートあったが、今日では80フィートに減少。アメリカの穀物地帯に供給する水が枯渇となる。

■テキサス州のハッピー市では、地下50フィートまで水が枯渇。農家は土地を手放し、政府保護区に指定された。

■コロラド川はかつて太平洋に注いでいたが、ラスベガスでの水需要により、今では途中で枯渇している。

2011年09月18日 世界は水不足の危機に襲われる

世界の異常気象により、水の取り合いが本格化しています。

★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。

 人気ブログランキング


posted by 小崎壮平 at 09:37| 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。