2013年02月27日

米住宅価格 前年比6・8%上昇、この『異常』な値上がりの訳とは?

S&Pケース・シラー住宅価格指数
sp-case-shiller-3.jpg
S&P

昨年12月のS&Pケース・シラー住宅価格指数は、主要20都市の値動きを示す指数が前年同月比で6.8%上昇した。7カ月連続で前年同月の水準を上回った。上昇率も前月までと比べて拡大し、住宅市況が明るさを増している様子を映した。(日本経済新聞

先日、ロサンゼルスの不動産ブローカーに話を伺ったところ、今の不動産市場は『異常』とのことでした。 売り物件に対して買い手からのオファーが10件あるのは当たり前で、いい物件となると20件以上もオファーがでることがあるという。

家を買いたくても買えない状況が今のカリフォルニアの不動産市場となっています。次のグラフをみれば、今のアメリカの不動産状況が一目瞭然でわかります。


新築在庫率
screen shot 2013-02-26 at 10.57.18 am.jpg
Calculated Risk

2013年の新築在庫は4.1ヶ月分で、過去の50年さかのぼっても異常に在庫が少なく新築物件の供給がほとんどない状況といえます。

これは2007年から住宅在庫が過剰となり、住宅建設会社が在庫を処理したいがため、新築物件を建設しませんでした。一旦、住宅市場が回復しはじめると、在庫がなくなり今では売り物件(供給)不足となってしまったということです。

供給不足となり価格が上昇している現在の住宅市場。これは アメリカ経済にとっては喜ばしいことですが、問題はこのまま価格が上がり続けるのかということです。

不動産ブローカーいわく、「アメリカ経済が住宅価格上昇に追いついていけないので、こんな異常な状況は続くはずがない」

同感だ。

★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。

 人気ブログランキング



posted by 小崎壮平 at 18:16| 不動産 住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。