2013年03月13日

もはやギャンブルの街ではなくなったラスベガス

ラスベガスのカジノとカジノ以外の売上比率グラフ
20130312 ラスベガス カジノと非カジノ売上割合グラフ.png
Business Insider

ラスベガスといえば「カジノ」の街、と想像される方が多いと思いますが、実は99年からラスベガスは「カジノ」以外の街となっていました。

上のグラフはラスベガスに占めるカジノ売上とそれ以外の売上比率の推移となります。 1990年にはラスベガス売上の61%がカジノでしたが、2012年現在カジノ売上は36%まで減少しました。

Sohei with Elvis_Small.jpg
カジノ以外のショー、ショッピング、レストランなどのカジノ以外が全体の64%を占めているわけですから、今やラスベガスはエンターテイメントの街というのが正しいようです。

★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。

 人気ブログランキング


posted by 小崎壮平 at 14:47| ビジネス・マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。