2013年03月28日

祝キプロス預金封鎖解除、 海外決済できない意味とは?


cyprus_banks_afp.jpg
ECB/IMFからの救済支援に合意できたキプロスは12日間の預金封鎖で破綻・整理となる2大銀行を除き金融機関は午後12時にオープンします。

 


金融機関の機能停止で大混乱となったキプロス国民にとってこれほど待ち遠しいことはなかったでしょう。 しかし、金融機関が再開するからって『今までどおり』の銀行業務が再開される訳ではない。

 


つまり、銀行再開といえども、預金規制がそのまま行われるのだ。

 


・ 預金引き出しは1日300ユーロまで

・ 国内のクレジットカード使用は可能。国外使用は月5000ユーロまで。

・ 小切手の現金化は禁止

New Daily News


そして、非公式では
金の国外持ち出しは3000ユーロまで、海外決済も規制されるという話もある。


現金が10万ユーロまで保証されるとはいえ、その預金はキプロス国内の
半永久引き出し不可能預金となる。


 

 

国外との決済額が減るということは、輸入ができないので物資が海外から手に入れにくくなる。 キプロス国内の輸入品物価は劇的にあがることなり、EU圏での混乱はしばらく続きそうだ。

 


★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。

 人気ブログランキング

posted by 小崎壮平 at 16:58| ストレス(健全性)テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。