2013年03月29日

キプロス危機の原因となる2大銀行が犯した大罪


ライキ・キプロス銀行 ギリシャ国債保有高とその損失
20130328_ライキ・キプロス銀行のギリシャ国債保有高と損失.jpg

 

WSJ


預金封鎖で騒がせたキプロスの財政危機。 結局、2大銀行であるライキ銀行とキプロス銀行の大口預金者は
最大80%が踏み倒されることになりそうです。


この2大銀行がキプロス危機の原因を作った犯人ともいえますが、何を誤ったのか?


ギリシャ国債を大量保有していたことで国債価値が下がり、一気に経営破たんしたわけですが、この2大銀行、なんとギリシャ政府による
巨額財政赤字の隠蔽が発覚した2010年にギリシャ国債を買い増していたのです。


2010年の3月から12月までの間にライキ・キプロス銀行は約5億ユーロも買い増し(上のグラフ参照)。それが損失を膨らました結果となりました。


あれっ、そういえば、GDPの200%の巨額債務を抱えている破綻寸前の国債を『買い増している』の金融機関に似てますね。。。

キプロス、笑っている場合じゃない!

 

★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。

 人気ブログランキング


posted by 小崎壮平 at 16:35| 政府債務問題・ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。