2013年04月14日

ゴールド安全神話の崩壊

金価格チャート

20130413_金価格チャート.jpg

Business Insider


最も『安全』な投資先といわれたゴールドは値下がりしている。昨日のゴールド価格は1アウンス当たりで約1500ドルまで下落し、ピークから20%以上値下がりした。


量的金融緩和 ⇒ 通貨が紙切れ
⇒ ハイパーインフレ ⇒ ゴールドは4000ドルを超える


などといわれてきたのだ。


これらゴールド信者、破局論者は間違っていたのだ。


通貨が紙切れにならなかっし、

ユーロは崩壊しなかっし

ハイパーインフレどころか、今はデフレ傾向。


やっぱり、ゴールドは4000ドルを超えなかった


これまでブログにも書いてきたように ゴールドはやっぱり値下がりしたのだ。


2012年05月08日 最も『安全』な投資 ゴールドの落とし穴

2011年05月02日 ウォーレン・バフェットが「金」を買わない理由

2011年02月01日 ゴールドの黄金時代は終わった?


を信じていた投資家にとっては残念であったが、安全神話は崩壊した。


国家が破綻すれば、通貨が目減りしてゴールド価格は値上がりすると信じられていた。しかし、去年、ユーロ圏のスペイン、ギリシャなどが財政破綻危機がおきたが、金価格は値下がりしたのだ。


なぜなら、政府の信用がなくなるということは金利が上昇し資金調達ができなくなる。借金が増えなければ国全体では信用収縮が起きる。


資金の流動性が悪くなると、市中の資金需要が高まる。 つまり、人々は現金がより重要になるのだから、通貨は崩壊しない。


ゴールドを使って物々交換はできない。


ゴールド保有者が現金を入手したければ、「金の棒」を現金に交換しなければならないのだ。


ウォーレン・バフェットは言う。


『価値を生み出すと評価できる資産を保有するのであって、自らの熱狂させたことで価格上昇した資産は買わない。今までかつて、そのような方法で富を創造はされなかった。


「金」以外のものを投資対象とリストアップする。なぜなら、あなたにできることは、「金」を絶賛するか、それとも抱きしめることができるにすぎない』


通貨は崩壊しない。


代わりにゴールドが崩壊する。


★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。

 人気ブログランキング


 

posted by 小崎壮平 at 03:46| 株式・投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。