2013年05月07日

会計士が分析する日本財政破綻の具体的な5シナリオ



「借金なんてするもんじゃない」

子供には借金をすると返済できなくなるリスクを教えたりする。


しかし、なぜか国の借金になると

「借金はいいものだ」

と勘違いする人が多い。


対GDP比で200%まで膨れ上がった日本は

このまま債務を増やし続けても果たして

『安全』といえるのだろうか?


会計士・税理士を育成する東京CPA会計学院の

理事を務める著者 高橋淳二氏は

日本経済を復活させると期待される

 

『アベノミクス』は

必ず行き詰まりを見せると結論付ける。

 

・国債暴落で金融機関の破綻が避けられない具体的な5シナリオ

・最大の火薬庫となるゆうちょ銀行

・自己資本があっという間にぶっ飛ぶ生命保険会社

・人為的に信用コストを粉飾している日銀レポートのカラクリ

・レベルが低すぎる財政破綻論者の『誤り』

・会計的『錯覚』を起こす国債安全論者のトリック


「身内同士の借金」によって錯覚している日本の財政問題を、
会計の専門家である著者が複式簿記の視点で冷静に分析し解明する。


日本の財政問題の真髄に迫る本書は一読の価値ありです。







posted by 小崎壮平 at 22:34| 日本問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。