2015年10月02日

『遺伝子組み換え作物の表示義務禁止』法案で世界支配を目論むモンサント法案

モンサント 遺伝子組み換え作物進化論.jpg

モンサント社による遺伝子組み換え作物の世界支配を可能にする法案がアメリカで審議されています。それは、遺伝子組み換え作物(GMO)の表示義務を禁止する法案です。(CNBC)

もし法案が成立すれば、遺伝子組み換え作物による世界支配への道が開かれます。

この法案が成立すれば、かなりヤバいです。私たちは猛毒な遺伝子組み換え作物を食べているかも分からず食品を食べることになります。

続きを読む
posted by 小崎壮平 at 05:53| 自然治癒・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月13日

『死』に至る牛肉がまたも流通

カリフォルニア北部の畜産業者
ランチョ・フィーディング社にて
牛肉リコールがありました。

米農務省サイト:


当局は危険度『高』に設定し、
この牛肉を食べれば

「重大な健康被害もしくは、
死に至る可能性のある」

対象となる900万ポンド牛肉は
2013年1月から現在まで出荷された
牛肉となりますが、これが消費者に
流通したのかは明らかになっていません。

・・・

そもそも牛が病気になってしまう原因は
牛のえさ、抗生物質、ホルモンとなります。

毒が入って、牛の体内には腫瘍だらけとなり、
歩行が困難になります。

牛が病気になる理由:

私たちはその死ぬ寸前の『危険』な
牛肉を美味しいと食べているのです。

その牛に実態は2008年カリフォルニアで
撮影され世間をアッと脅かせました。

歩行困難な牛を虐待する畜産農家 :
(動物愛護家の方は絶対に見ないでください)

私たちはこのような牛肉を
美味しいといって食べているのです。


原始人食ではたんぱく質の摂取を
推奨していますが、決してこのような
悪質な肉を食べることは推奨していません。

牧草で育てられた牛(Grass Fed Meat)、
もしくは牛肉の場合は脂分の少ない
「赤身」を食べることを推奨します。

posted by 小崎壮平 at 02:53| 自然治癒・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

2014年の目標を『絶対』に達成する方法

あけましておめでとうございます。

2014年はどのような1年にしたいですか?

 

今年の目標を考えられた方は いらっしゃると思いますが、
あなたはその目標を『本当』に 達成したいですか?

 

1年後にその目標を達成できた
自分を想像してワクワクしますか?

 

もし答えがNOであれば、 今すぐこちらの音声を聞いて
目標を立て直してください。

 
2014年の目標を『絶対』に達成する方法

内容の一部を紹介すると...
 

・2014年式目標設定術 - 今年の1月1日の元旦に目標を立てましたか?そして、その目標は達成できましたか?もしあなたの回答が「No」であるならこのスキルを用いれば挫折人間が陥る負のスパイラルから脱却し、ほぼ100%の確率で目標をロボットのように遂行するスキルをマスターできるでしょう...

・ レイプをやめれば金持ちになれます - レイプしてますか?「いいえ、そんな非常識な事はした事がありません」と発言する人に限って毎日の強姦をしているのです...あなたは『ただ』レイプを辞めるだけです。『ただ』それだけであなたは思い通りの人生を送れるのです...

・ モチベーションを上げっぱなしにする手段 - 3日坊主になる?そうですか、それなら自分を甘やかして成果を上げるこの方法を試して下さい..成果を上げるまでの間モチベーションを上げっぱなしにする事が可能になります..

• iPhoneを持つと貧乏になる理由 − アメリカや日本だけでなくすでに世界的に大流行しているiPhoneですが実はこの機種を持つ人間の大半が経済的に大きな成功をしていない事実があります。あなたの携帯電話の機種を教えて下さい...

・5歳児でも分かる脳の仕組み − あなたがいくら勉強をしたり努力をしたりしていたとしても、脳のある仕組みを理解していなければ全て時間の無駄です。5歳児でも理解できる簡単な脳の仕組みを知ることで、あなたはもちろん、お子さんにも高いお金を払わずに、英才教育をすることが可能になります。

 
他にもここでは紹介しきれない数々の秘密を公開...
 

今すぐこちらをクリックして2014年を最高の年にする
手段を手に入れてください。

 
posted by 小崎壮平 at 15:06| 自然治癒・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

ヨーロッパを『ギブアップ』したモンサント、市民の完全勝利!

モンサント 遺伝子組み換え.jpg

Organic Authorityによると、バイオ科学メーカーのモンサントは

EU(欧州連合)での遺伝子組み換え(GM)作物の認可へのロビー活動を断念した。


その理由としては、


1.農家からGM作物への需要がない

2.EU市民の大多数が遺伝子組み換え技術を受け入れない


この状況で、遺伝子組み換え認可への
働きかけをすることは意味がないということだそうだ。


EUは世界の農業マフアのモンサントを『諦めさせた』
とてもいい事例となる。


市民がモンサントを求めなければ農作物が売れないので、
農家にとっても効率的なGM作物を育てる意味がなくなる。



私たちは人をがんにして不健康にする

遺伝子組み換え作物は断固拒否する必要がある。


日本もモンサントに負けないようにがんばりましょう!


まだまだ、諦めるのは早い。

 

★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。

 人気ブログランキング

 


posted by 小崎壮平 at 15:53| 自然治癒・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

病気寸前まで『生かされた』牛肉を食べる人間

 

20130515_牛肉から流れ出る腫瘍.jpg

クイズです。

 

 

 


上の写真にある、牛肉から流れ出る得体の知れない白い液体は一体なんでしょう?


チクタク、チクタク。。。。

続きを読む
posted by 小崎壮平 at 10:05| 自然治癒・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月30日

モンサント製除草剤「ラウンドアップ」はあなたを殺す

モンサント ラウンドアップ 究極の殺人機.jpg

除草剤としては世界一のベストセラーを誇るモンサント製の「ラウンドアップ」が、最新の研究で健康被害を及ぼす可能性があることが分かった。


マサチューセッツ工科大の研究者らの研究によると、 ラウンドアップは、消化器疾患、糖尿病、心臓病、うつ病、自閉症、癌、痴呆症の原因となっている可能性があるという。

続きを読む
posted by 小崎壮平 at 15:30| 自然治癒・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月15日

子供をADHDに診療させて大儲けする米製薬会社

アメリカのADHD診断者割合
20130414_注意欠陥・多動性障害_ .gif

NY Timesによると、アメリカでADHD(注意欠陥・多動性障害)と診断された子供は11%もいる。

高校生男子(14歳- 17歳)では5人に1人がADHD診断者となっています。

ADHD診断者はこの10年で急増。現在、4歳から17歳のADHDは640万人で、10年前から41%も増加した。 

しかも、そのうちの3分の2がRitalinやAdderallという興奮誘発剤の薬を処方しているという。

子供の病気が増えればそれとともに製薬会社は大儲けできる仕組みだ。 ADHDの興奮誘発剤の売上は2007年の40億ドルから2012年には90億ドルに倍以上に増加している。 

恐ろしいのは、アメリカ精神医学会【訂正 アメリカ心理学会はADHDの定義を緩和させる計画だ。そうすれば、ADHD診断者が増加する。 

 喜ぶのは製薬会社だ。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 12:03| 自然治癒・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月01日

毎年18万人の『ソーダー死』、 コカコーラーが"煙草"化する時代が来る?

コカコーラーはあなたを殺す.jpg
ハーバード大学の研究によると、コカコーラーやペプシなどソーダー飲料(砂糖飲料)の消費が毎年18万人の糖尿病関連で亡くなっているいることが分かりました。

 

 

この18万人の『ソーダー死』の内訳は下記のとおり。

 

糖尿病死:13万3000人

心疾患死:4万4000人

ガンによる死亡: 6000人


そして、もう一つ興味深いデータはこちら。

続きを読む
posted by 小崎壮平 at 12:13| 自然治癒・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月20日

ビルゲイツが遺伝子組み換え作物で世界支配する『偽善』財団

20130219_ビルゲイツ_カルロススリム.jpg

世界1位の富豪カルロス・スリム氏と世界第2位の富豪 ビル・ゲイツ氏は、遺伝子組み換え(GM)種子の開発を目的したメキシコの研究機関に2500万ドル寄付した(huffingtonpost)。

ビル・ゲイツによるゲイツ財団は、世界の食糧危機に対して遺伝子組み換え作物の使用をサポートしています。

今、ゲイツ財団はやろうとしていることは、1940年代から60年代にロックフェラー財団がおこなった「緑の革命(Green Revolution)」のような農業破壊です。

ロックフェラー財団は高収量品種の導入や化学肥料の大量投入によって穀物生産性を向上させ、大量生産を実現させました。

しかし、化学肥料の使用による農作物は、人間の癌、アレルギー、糖尿病、認知症などあらゆる生活習慣病を引き起こし、人間の健康を損なわせたのです。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 15:54| 自然治癒・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

90%の加工食品が遺伝子組み換え作物に犯される恐怖

Corn-with-poison-symbol.jpg

先日、バレンタインデーがありました。アメリカでは男性が女性にプレゼントをあげる習慣となっているので、帰宅途中にスーパーにいってプレゼントを買った。


お店にはバラやチューリップなど花束が置いており、ハートマークのサインがあちらこちらに飾ってあった。 ピンクのチューリップとおいしいフルーツタルトを買い、妻に「ハッピーバレンタイン!」とって渡すと、妻は無表情で「ありがとう」と受け取った。

サプライズのつもりで買ったのに、無表情で受け取られると選んだ花が綺麗じゃなかったかなと反省。 来年はしっかり準備しようと思ったバレンタインデーでした。

さて、バレンタインデーといえば、チョコレートが大量消費されるわけですが、アメリカのチョコレート業界の70%はハーシーマーズの2社に独占されている。

つまり、私達が食べているチョコレートの70%はモンサントによる遺伝子組み換え(GM)のコーンや大豆が入っていることになります。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 17:15| 自然治癒・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。