2012年12月01日

クレジットカードを超えた学生ローン長期延滞率、一生借金漬けのアメリカ人急増中

90日以上の長期延滞率グラフ
20121130_90日以上の長期延滞率.gif
Mish's Global Economic Trend Analysis


NY連銀によると、学生ローンの長期延滞率がついにクレジットカードを超えました。 学生ローンの9560億ドルの内11%が90日以上の長期延滞ローンとなっています。

また、2011年に卒業した大学生の平均学生ローン残高は2万6600ドルで、去年の大学生の3分の2が学生ローンを持っています。

この学生ローンの実態がどんなに恐ろしいことを意味するのか想像できますか?
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 14:50| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月28日

CIA長官『不倫』に潜む 機密情報漏えいとグーグル情報支配の問題

ブロードウェルがリビア大使館襲撃事件の真相を漏らした瞬間

先日、 CIA長官のセックススキャンダルの全貌をお伝えしました。 CIAトップという権力者と美女の絡みということでメディアでは大きく報道され話題を集め、CIAトップの辞任したことで解決したようにみえますが、実は単に不倫だけ納められない隠された問題が2つありました。

1つは、ペトレアス元CIA長官は不倫相手にブロードウェル氏に機密情報を漏洩していた可能性が極めて高いことだ。今年の9月11日にリビアの米領事館が武装集団に襲撃され、駐リビア大使が殺害された事件があった。当時は「イスラム教の預言者ムハンマドを揶揄やゆする内容の映画に抗議して領事館に押しかけた」。

しかし、ブロードウェル氏はデンバー大学で講演した際、「ベンガジでの米大使館襲撃事件の真相は、CIAが捕縛した複数のリビア武装勢力メンバーの奪還作戦だった」と説明しています(上の動画参照)

FBIがブロードウェルのメールを調べたところ、機密情報ができたとされ、ペトレアス元CIA長官が機密情報を漏らしていた可能性が高いということだ。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 16:44| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月25日

農務省・政界を通じて世界を支配しようとする農業マフィア「モンサント」

lab_d.jpg

遺伝子組み換え種子メーカーのモンサントは、コーンや大豆のGM種の無断使用で毎年平均11件の農家を特許侵害で訴えてきました。


ほとんどの農家はGM種を使用していたわけではないのですが、意図的ではない(隣のGM種子が風に飛ばされて混ざってしまった)にも関わらず、モンサントと和解金を払わされています。

モンサント社は75名のスタッフと年間1000万ドルを費やして農場を調査、容赦なく特許訴訟して農家から金を巻き上げています。

この問題に対して、米農務省(USDA)は「オーガニック農家やGM作物を使用しない農場はGM種の混入に対する保険を購入すべき」と指摘しています。

つまり、モンサントはオーガニック農家を自由に特許訴訟できる」といっているようなもので、米農務省は弱者の農民よりも巨大資本のモンサントに有利な判断をした。 これは政府とモンサント社との強い関係を象徴させた結果となっています。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 10:42| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月23日

貧困レベルで働かされるウォルマート社員が感謝祭労働で一騒動!



今日は、サンクスギビングデー(感謝祭)です。 アメリカでは家族が集まり七面鳥を食べ、アメフトを見て、のんびり過ごす一大ホリデーです。

明日はクリスマス商戦の幕開けとなる大セールを全米の小売店で行われます。この時期に集中して売上をあげることから、「黒字になる金曜日」ということからブラックフライデーと呼ばれています。

消費者マインドの冷え込みのせで、小売店の業績アップが厳しい状況で、今年から全米大手小売店のウォルマート、シアーズ、ターゲットはブラックフライデーを前日の夜に前倒しを決定しました。

サンクスギビングで仕事をさせられる従業員はこれには反発。 ウォルマートの一部社員は就業をボイコットすると騒いでいます。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 14:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月14日

行き過ぎた資本主義と共産主義の共通点 = 貧富の格差?

ジニ係数
20121113_ジニ係数_中国とアメリカ.png
Zero Hedge

所得の不平等さを測る指標としてジニ係数というデータがあります。 アメリカは貧富の格差が激しいと当ブログでも指摘しましたが、実は社会制度として真逆の共産主義をとっている中国でも貧富の格差が激しい国となっています。

アメリカではトップ1%の資本によって社会がコントロールされているるが、中国は

本来、共産主義は一部の資本家による搾取のない平等な社会を目指したにも関わらず、中国の結果は、一部の権力トップの利権が搾取し中国社会をコントロールしている。

その結果、不平等さでは中国とアメリカは同様なレベル(これは意外)。

行き過ぎた資本主義(アメリカ)
行き過ぎた共産主義(中国)

どちらにしても、トップが庶民から搾取する社会 = つまり資本主義であろうば、共産主義であろうが、貧富の格差社会になるというこの不可解な方程式が面白い。

★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。

 人気ブログランキング


続きを読む
ラベル:格差問題
posted by 小崎壮平 at 15:21| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月08日

遺伝子組み換え食品表示義務化を『潰した』モンサントらの食品大手

20121107_Proposition39_モンサント勝利.png

カリフォルニアで「遺伝子組み換え食品(GMO)の表示義務化(Proposition 37)」に関する住民投票が行われた。

結果は反対53- 賛成47で否決された。 モンサントの勝利に終わった。モンサントを中心に食品メーカーなどが4560万ドルを費やし、GM表示義務化を潰しすために大々的なキャンペーンをおこないました。

一方、オーガーニック系の食品メーカーや農家らの献金額は870万ドルと微々たるもの。 結局、モンサントなど大企業が力ずくで同案を潰したことになる。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 11:28| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月07日

ワシントン州とコロラド州、歴史的なマリファナ合法化が可決

Foxニュース速報 マリファナ合法化が可決.jpg

オバマ再選でアメリカの半分が盛り上がっている中、もう一つの歴史的な住民投票が可決された。NBCによると、コロラド州とワシントン州で大人のマリファナ使用が合法化が可決された。

マリファナの医療目的のマリファナ使用は認められていたが、個人使用の合法化はアメリカで初めての可決です。ただ連邦法ではマリファナは違法なので州法では認められても連邦法の解釈によってはFBIに摘発される可能性はある。

ホテルのバーでFOXニュースでコロラド州のマリファナ合法化が伝えられた。FOXニュースではコロラド州がアムステルダム化する恐れがあると懸念する一方で、バーにいる隣のオッチャンらはコロラドに引っ越そうぜと大喜び。

★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。

 人気ブログランキング


posted by 小崎壮平 at 16:06| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

全米初のマリファナ合法化?


大統領選挙の際、ワシントン州ではマリファナ合法化(I−502)の住民投票が行われる、この結果次第でアメリカで初めてマリファナが合法化されるかもしれない。

ワシントン州のマリファナ合法化案は下記のとおり

● 1オンス以下のマリファナ所持は罰しない
● 
州のライセンス制により生産者と販売を認可
● 
21歳以下のマリファナ使用と所持は禁止
● 
マリファナ税25%を課し、薬物防止と教育費にあてる
● 
マリファナ使用の運転は厳しく罰する

同提案には、元FBI職員、元シアトル警察署長などが賛成にまわり、ワシントン州の世論調査でも賛成が50%を超えており、マリファナ合法化となる可能性が出てきています。

続きを読む
posted by 小崎壮平 at 02:07| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月02日

遺伝子組み換え作物の表示義務化の争い-モンサントが世界を支配?



アメリカでは来週開催される大統領選挙で盛り上っていますが、カリフォルニアでは選挙同日に遺伝子組み換え作物の表示義務に関する住民投票(プロポジション 37)が行われます。

この法案が成立すればカリフォルニア州は遺伝子組み換え食材(GMO)を含む食品にその表示を義務づける米国で最初の州となります。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 10:52| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

世界各国の実効税率を比較すると日本は低負担国家と判明

世界各国の年収10万ドルの実効税率比較
20121017世界各国の所得税・社会福祉税の税率ランキング.png
Business Insider

アメリカでは大統領選挙で税制について話題になっています。上のグラフは各国における実効税率(所得税と社会福祉税)の比較です。

もしあなたが年収10万ドルだった場合、どの国に住んだらよいのか一目瞭然で分ります。

福祉が充実しているされるヨーロッパはさすがに税金は高く、4割以上が持っていかれる。税金が低いのは香港・スイスと10%台だ。

さて日本はというと30%弱、アメリカとあまり変わりない。ヨーロッパの税率と比較すれば日本は低負担国家。これでは日本の財政が悪化するのは分る。
posted by 小崎壮平 at 11:26| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。