2012年03月27日

世界経済の楽観ムード 株価上昇はいつまで続くのか?


世界製造業景気指数
20120326_世界製造業景気指数.png
Real Time Economics

ギリシャ国債のCDS(破綻保険)の決済が無事終了。 世界の株式市場は値上がり、世界の金融市場にも危機一服ムードが広がっています。

しかし、一方で世界の製造業工業指数(PMI)をみれば、景気拡大のペースが鈍化(50以上が拡大、50以下が縮小)しています。

欧州中央銀行(ECB)のシュタルク前専務理事は「世界の金融システムは薬漬けになっている」「われわれはまだ危機から抜け出していない。金融危機ばかりでなく、経済危機、公的財政危機からもだ」と指摘。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 09:47| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月07日

イラン通貨大暴落 実質インフレ50%で生活苦の市民


イラン通貨レアルの政府公認レートと為替市場レート チャート
イラン通貨レアルの政府公認レートと為替市場レート チャート.png
Busines Insider

欧米の経済制裁によってイラン通貨は大暴落している(上グラフ参照)  先日、イラン通貨を外貨に闇両替したら『死刑』にすると脅しをかけていると書きましたが、外貨不足のイランでは深刻な食糧不足になっているそうだ。

ロイターによると、イラン国内では深刻な経済情勢が伺える。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 11:00| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月03日

イラン通貨を外貨に闇両替したら『死刑』



核開発疑惑の巡り欧米から経済制裁を受けるイランでは、自国通貨のレアルが大暴落している。

政府公認レートでは1ドル 11,500レアルだが、現在のドル為替市場では18,800レアルで取引されているという。去年12月1日で1ドル7,400レアル

先月イラン政府はレアルを8%切り下げると発表したが、市場では今後大幅な通貨切り下げが行われると予測しているからだ。

当局はレアルを安定に苦しんでいるが、イラン政府はこの事態を打開するために『ある』秘策を考えているらしい。それは...
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 13:47| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月27日

バルチック海運指数 2008年金融危機直後の水準まで急落


バルチック海運指数
20120126_バルチック海運指数2005-2012.png
Zero Hedge


先日にもお伝えしましたが、バルチック海運指数が2008年の世界的な金融危機直後の水準まで恐ろしいほど急落しています。

バルチック海運指数は海運業界の代表的な景気先行指数の鉄鉱石、石炭、穀物を運ぶ不定期船の運賃指標。

先進国の財政危機による景気不透明感から海上物流が急減する中、好況時に発注された船舶が投入され、輸送能力が供給過剰になるためとのことです。

この指数が急落している中、株価上昇は少々不気味。

★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキング
posted by 小崎壮平 at 14:42| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

原油は161%上昇VS天然ガス60%下落 その理由は?


2008年から原油と天然ガスの価格推移

Real Time Economics

2008年から現在まで、原油は161%アップ、 一方天然ガスは60%下落しました。

【クイズ
なぜ天然ガス価格は下がったのでしょうか?
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 11:33| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

2011年の高級ワイン価格 20%の暴落(ピーク比)


Liv-ex Fine Wine 100 高級ワイン指数 (2007年 - 2012年)
Liv-ex Fine Wine 100

Liv-ex Fine Wine 100インデックスは、フランス・イタリアから厳選された100の最高級ワインの取引価格を指数化したものです。

2008年のリーマンショックでワイン価格は急落しましたが、中国の『偽』成長のおかげで2011年の年始までワイン価格は上昇。しかし2011年3月ピークを転機に、2011年12月までにワイン価格は20%ダウン

中国経済がブレーキを踏んだことで、嗜好品であるワイン価格は急落。今後は世界的な緊縮財政となるので今後もワイン価格は下落トレンドでしょう。


★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキング
posted by 小崎壮平 at 16:12| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

日本の国債バブル崩壊は寸前


日本の総債務推移(対GDP比)の内訳

20120119_日本_総債務推移_内訳_対GDP比.png
McKinsey

上のグラフは1980年から2011年までの日本の総債務推移の内訳です。

1980年代の不動産バブル時代、日本の総債務(対GDP比)は80年の243%から90年までには387%まで増加。バブル崩壊がきっかけで借金の返済と破綻によって民間債務は90年の147%から現在の67%まで縮小しました。

民間部門の信用収縮した代わりに、債務を増やしたのが日本政府です。政府債務は90年に59%から現在では226%までコンスタントに増加させてきました。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 14:30| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月18日

バルチック海運指数 年初来44%低下 物流減=経済減速


バルチック海運指数 (2007年 - 現在)

Real Time Economics

商品海運コストの指標となるバルチック・ドライ指数が2009年1月以降で初めて1000を下回った。中国の鉄鉱石海運需要が鈍化している兆しが示され、船舶の供給過剰が悪化していることが背景にある 。

バルチック取引所(ロンドン)のデータによると、バルチック・ドライ指数は20営業日続落し974となり、年初来の低下率は44%となった。

マースク・ブローカー・アジアのカスパー・モラー氏によると、世界最大の鉄鉱石消費国である中国の需要軟化により用船需要が後退,「中国市場が少しの間でも減速すれば、直ちに影響が及ぶ」と指摘。(ブルームバーグ)

世界的な財政危機 → 資源需要低下→ 物流量の低下 = 経済減速。

★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキング
posted by 小崎壮平 at 11:00| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

世界一高い外食費を払う日本


世界の外食コストランキング

20120108_世界の外食費ランキング.png
Real Time Economics

日本は世界で最も高い外食費(9.92ドル)を払っている。

アメリカは日本の36%安い6.23ドルで外食が可能。イタリアは5.95ドルで、アメリカよりも安いの意外だ。そして、中国は2.70ドルと最も安いが安全性の観点からいくと、中国の食材は信用ならない。

海外旅行で食費を抑えたいというのであれば、美味しいイタリアンが食べられるイタリアへの旅行がお薦めということになる。

★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキング
posted by 小崎壮平 at 07:02| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月07日

世界の通貨危機チャート ハンガリー破綻危機


世界通貨危機 通貨下落率 1992-2002
20120106_世界通貨危機 通貨価値下落率 1992-2002.png
Zero Hedge


上のグラフは92年から2002年までの各通貨危機の通貨下落率。こうやってみると、たったの10年間で通貨暴落が世界で8回も経験している。

借金を増やすことによって繁栄した世界経済は、借金バブルがはじけ信用収縮の時代と移り変わっている。これからはこのような通貨暴落は頻繁に経験するのはないだろうか?その一つがハンガリー。

昨日お伝えしたとおりハンガリーは「中央銀行の独立性を制限する」中銀法を可決したことで、ハンガリー通貨は暴落しました。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 10:16| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。