2013年06月13日

TPPで世界を支配する多国籍企業

2012年 ロビー活動費ランキング

20130612_2012年アメリカの政治活動(ロビー)費_米国商工会議所.gif

New York Times


政治は金だ。政治家にお金を払えば払うほど、影響力は増す。

上のグラフは2012年、アメリカのロビー活動費のランキング。


一つの団体だけが突出して、献金額が多い。

1年間で1,364億ドル、2番の3倍。
献金額は断トツのナンバーワン。


それは米国商工会議所だ。


続きを読む
posted by 小崎壮平 at 08:11| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月05日

TPP問題の本丸は「ISD条項」 モンサントに牛耳られる日本

ed6c6b8935a714ea4f9853ec38851561.jpg

安倍首相は、「環太平洋経済連携協定(TPP)交渉への参加を表明したことで、日本で盛んに議論されるようになりました。

ただ今のマスコミが『聖域なき関税の撤廃』に焦点を当てたミスリードな議論が目立つ。しかし、今回のTPP問題の本質は、関税ではありません。

TPPの本丸はISD条項にあります。続きを読む
posted by 小崎壮平 at 13:52| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

ブッシュ政権の大罪:イラク戦争開戦前の4つの嘘

george-bush-dick-cheney-war-criminals.jpg

今から10年前の今日、ブッシュ大統領はイラク戦争を開戦しました。 この10年間でアメリカのブッシュ政権による情報捏造、操作が明るみにになりアメリカの信頼を大きく失うことになりました。 

イラク戦争の最大の理由となった大量破壊兵器は最終的には存在せず。 これも実は、イラクに大量破壊兵器は存在しなかったことは開戦前に分かっていたことで、ブッシュ政権は少なくとも4つの情報捏造を行っていたのです。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 11:10| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

全米を驚愕させたCIA・米軍・FBIを巻き込む大セックススキャンダルの全貌!

セックススキャンダル 主要人物関係マップ
20121114_米軍セックススキャンダル_主要人物マップ1.gif

アメリカではペトレアス前CIA長官が不倫を理由に辞任した問題が、軍、CIA、FBIを巻き込む大セックススキャンダルに発展し、その事件の全貌が注目されています。

元々はペトレアス前CIA長官とジャーナリストのポーラ・ブロードウェルの不倫関係が問題となりましたが、実は英雄と美人記者の不倫騒動ということではありませんでした。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 16:58| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月10日

大統領選 長蛇の列に並ばされたマイノリティー

人種別 30分以上並んだ投票者の割合
2012大統領選挙 人種別投票待ち時間30分以上の割合.png
Thing Progress

すでに大統領選挙は終わりましたが、投票するまでに長蛇の列に並ばされたとして選挙運営の問題を指摘されています。

ALF-CIOの調査によると、30分以上待った人は白人が9%、黒人が22%、ヒスパニック系で24%となっています。

結果的にオバマへの投票者は16%ロムニー投票者は9%が30分以上待たされたことになります(上グラフ参照)
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 10:58| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月08日

オバマの4年後とロムニーの3つの敗因

obama-businessweek-cover.jpg

Business Weekが4年後のオバマと題して写真を載せていましたがこれが面白い。オバマ大統領は再選できたが、今後のアメリカを4年間引っ張っていくのは相当きついという意味でしょうか。

これだけの債務を抱えてしまい、政府支出も今までのようにはできない。 世界は信用収縮の流れで経済成長も見込めない。 この先の4年はかなり厳しい運命がアメリカを待ち受けているとしかいいようがありません。

今回ロムニーが負けた要因はいくつかありますが、やっぱり下記3点が大きな敗因じゃないかなと思います。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 22:53 | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月07日

開票前にオバマ当選がほぼ決まっている不思議な大統領選挙制度

オバマ&ロムニー勝利のシナリオ
20121106_大統領選挙 オバマ&ロムニー勝利の道.png
NY Times

今日は大統領選挙で盛り上っていますが(もうそろそろ決まるかな?)、実は選挙が開票される前にオバマ再選がほぼ確定していたのはご存じですか?

上のグラフは、オバマ&ロムニー勝利のシナリオを描いていますが、オバマ大統領再選の可能性は431シナリオあったのに対して、ロムニーは76シナリオしかありませんでした。

ロムニーはスウィングステイト(激戦州)と言われている、フロリダ&オハイオ&ノースカロライナ&バージニア&ウィスコンシンの5州全部に勝つことができれば当選できる。逆にいえば、これは極めて可能性が薄いことになる。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 13:12| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月01日

オバマ大統領の勝算68.8% 地元復興のためにオバマと手を組む共和党知事

オバマ大統領 勝敗オッズ

Intrade.comの大統領選挙予想によると、オバマ大統領の勝利オッズが68.8%となり、オバマ再選がほぼ確定している状況だ。

オバマ大統領のハリケーン サンディーの対応で、ロムニー支持の「ある」知事がオバマ大統領の対応を大絶賛したためだ。
続きを読む
ラベル:大統領選
posted by 小崎壮平 at 13:15| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

最新の保守系Foxニュースの偏向報道

cable-news-mourdock.jpg

先日、妊娠中絶禁止を訴える米共和党保守派のリチャード・マードック上院議員候補が、レ
イプ被害者の妊娠も「神が意図したこと」だと発言し批判を浴びていましたが、この発言に関してアメリカのメディアがどう報道したのか興味深い。

MSNBC、CNN、Foxの3メディアがこのレイプ発言に関して報道した回数。

リチャード・マードックのレイプ発言報道回数
MSNBC: 15回
CNN: 22回
Fox: 0回

保守系ネットワークのFoxニュースは一度も報道されず、レイプ発言は存在しなかったことになっています。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 02:44| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

米共和党パウエル元国務長官 オバマ支持 「ロムニーは一貫性がないネオコンにすぎない」


(産経ニュース) 米共和党穏健派の重鎮パウエル元国務長官は25日、CBSテレビに出演し、同党の大統領候補ロムニー氏の外交政策は一貫性に欠けると懸念を表明、11月6日の選挙ではオバマ大統領を支持すると述べた。

 パウエル氏は、ロムニー氏が今月22日の候補者討論会で従来の政策を修正、アフガニスタン駐留米軍の早期撤退方針などに同調したことを「以前の主張と全く異なる」と批判。外交政策について「十分に吟味したとは思えない」と指摘した。

 *****************************

この記事には掲載されていませんでしたが、パウエルは「強いネオコン(新保守主義)の勢力がロムニーをアドバイスしている」と指摘していた。

パウエルはブッシュ政権時代には最もまともな閣僚としていわれていました。このパウエルでさえ、ありもしない大量破壊兵器の『偽』証拠写真を国連で発表させられ、その結果、イラク戦争を仕掛けることになりました。

イラク戦争を仕掛ける策略は、ブッシュ政権内にネオコン勢力が占めていて、パウエルは唯一この勢力に反発したが結局イラク戦争を止めることはできなかった。

おそらく、このパウエルの痛い経験が妥協しようとしないネオコンに対してNOを突きつけ、オバマを支持していると思う。


ロムニーに対するパウエルの評価には全く同感。過去の発言を確認すると、ロムニーに主張には経済政策も外交政策も全く一貫性はない。 

経済政策についても、一律20%の減税がどう計算しても財政を均衡することはできないし、金持ちを優遇することはないとウソをついた。

ロムニーの主張を調べれば、パウエルのように矛盾に気づくのは当たり前ですが、アメリカ人の半分はそのロムニーの一貫性のなさははあまり気にしないようで、そこもこの大統領選挙の面白さかもしれない。

もう、大統領選挙まで2週間をきりました。 現在の支持率ではほぼ互角! 

アメリカがどっちを選ぶのか、楽しみですね。

★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。

 人気ブログランキング





ラベル:大統領選挙
posted by 小崎壮平 at 09:21| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。