2012年01月13日

2012年最大IPO Facebook株を買うべきか?




世界最大のソーシャルネットワークサイト Facebookは、2012年で最大の株式公開(IPO)となるといわれています。

メディア報道によると、時価総額は1000億ドルを超える可能性があると言われています。

今年最大のイベントといわれちえるFacebookのIPOですが、気になる点はFacebook株を買うべきか、買うべきでないかという点だ。

20011年の1月-9月実績のリーク情報によると、Facebookの財務は下記の通り。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 17:26| 株式・投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

2011年世界の株式市場実績『悪夢』のギリシャとエジプト


世界の株式市場 2011年実績 (現地通貨建て)
20120107_2011年世界株式市場_実績.png
Economist

2011年(2010年12月31日 - 2011年12月31日)の世界の株式市場は不甲斐ない成績だった。 世界株式市場の平均は8.5%減、先進国株式市場は7.6%減だった。

2011年で成長した国はたったの4カ国。 一位はダントツでベネズエラで79.1%増。 同国の消費者物価指数は1月-11月で29%増加するという高いインフレ率が影響。続いて、インドネシア、アメリカ、マレーシアのみだ。

一方、ユーロ圏の株式市場は低迷。イタリアは25%減、フランス 17%減、ドイツの15%減だ。そして、ギリシャ、エジプトは約5割減。事実上、国家破綻という悪夢を彼らは見たことになる。


★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキング

posted by 小崎壮平 at 10:39| 株式・投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

バンカメ3年ぶりの5ドル割れ 勝者と敗者


バンクオブアメリカ 株価 過去5年
bac20111219.gif
Yahoo Finance

バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)の株価が約3年ぶりに5ドルを割り込んだ。

今日の金融株が下落している背景として、連銀がBISの新自己資本規制(バーゼルV)を受け入れるという噂が報道されているからといわれている。

より厳格な自己資本を強化を求められるBISの新規制には金融機関が猛反発しているが、もし実施されるとなればこれまで以上に銀行経営は厳しくなり、融資拡大できなくなくなる。

そして、大量の不良債権を抱えているとされるバンカメは経営が厳しくなるのは必至。 バンカメ株は大幅に売られたということになる。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 09:45| 株式・投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

金暴落で消える人

金価格チャート と最高値からの下落率(1970 - 2011年)

The Big Picture

マーケット全体でリスクオフの動きが強まっている。これまで「安全資産」と受け止められていた金からも資金が流出している。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 08:28| 株式・投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

資産25億ドルの大富豪 5割以上を『現金』で保有



アメリカのネット実業家で資産家であるマーク・キューバン氏はCNBCのインタビューで最高の投資先は「現金」で、資産の50%以上を現金で保有していると答えた。

その理由として、
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 10:35| 株式・投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

過去7年で『最低』を記録したドバイ株式市場


ドバイ株式市場

Business Insider

上は、ドバイ株式市場(DFMGI) のチャート。ドバイ株式は2004年以来、最低のサブかを記録している。2年前にドバイショックがありデフォルト危機に曝されたドバイでしたが、そのときよりも株式は下がっている。

2009年02月15日 ドバイ 不動産バブル崩壊の実体は?

不動産バブル時には先進国からの投資がドバイに流入したが、ヨーロッパでの財政破綻危機によって投資家がドバイから一気に資金を引き上げこの株価低迷がおきているとされる。

先進国の財政破綻がおきると、対外からの投資家による資金回収がおこなわれるため、対外投資を受け入れた額が多ければ多いほど、その新興国の株式市場は暴落することを意味します。


★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキング

posted by 小崎壮平 at 16:24| 株式・投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

金保有の3分の1を売却したポールソンファンド

ab23d84b866a1480303bf63fd565654d.jpg


米著名ヘッジファンドマネージャー、ジョン・ポールソン氏の運用会社ポールソン&カンパニー(P&C)は、SPDR Gold(ゴールドETF)の保有を約3150万株から約2027万株に減らし、ほぼ3分の1を売却した。

サブプライム危機では大儲けしたポールソンですが、彼のメインファンドであるアドバンテージ・プラスファンドは2011年1月-9月で47%減の巨額損失をだしています。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 15:03| 株式・投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

MFグローバル破綻で口座資金が返ってこない哀れな顧客


欧州の債務危機をきっかけに経営破綻した米証券大手MFグローバルですが、規制当局が現在関心を集めているのは、MFグローバルの顧客口座から数億ドルの資金が行方不明になっていることです。

同社の顧客であったScott Raynovich氏は先週から口座資金の引き出しを受け付けてもらえず、未だに凍結された状態だという。

顧客の口座資金は裁判所から指定された管財人が管理、帳簿を調べるために長期間の時間がかかる見込みだ。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 11:10| 株式・投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

超優良ネット企業(NetFlix) 1日で35%の暴落劇


NetFlix 株価と契約者数


アメリカのオンラインDVDレンタルの最大手であるネットフリックス株が1日で35%暴落した。

2011年の3Qでは契約者数が80万人減少、そして2012年は海外への事業拡大によってコスト増が見込まれ2012年は赤字の見込みを発表。

登録費が60%上昇させたり、DVD郵送サービス事業を分割の発表(後に撤回)など、致命的な経営判断(?)が響いたようだ。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 02:11| 株式・投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

量的金融緩和≠ハイパーインフレ≠米ドル崩壊

石油、金、天然ガス、銀価格
20111025商品価格一覧 ゴールド オイル.png

去年から連銀による量的金融緩和(QE1、QE2)により、米ドル札は紙切れになる、紙幣を刷りまくって米ドルが溢れる。 そしてアメリカではハイパーインフレが起きると叫ばれていた。

しかし、これらグラフを見てもらえばわかる様に、ほとんどの商品価格が下落した。 
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 09:35| 株式・投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。