2009年10月23日

ゴールドマンサックス 100億ドルの巨額詐欺利益

15日のゴールドマンサックス 第3四半期決算(3Q)の発表について.

 

米ゴールドマン・サックスが15日発表した第3・四半期決算は、予想を上回る大幅増益となった。

普通株株主帰属分の純利益は30億3000万ドル(1株当たり5.25ドル)となった。

Source: ロイター

 

 

 

4半期決算では、ゴールドマンサックスの史上2番目に
高い好決算となりました.

まるで魔法のようにあがげた巨額利益.

いかに3ヶ月で30億ドルもの利益をあげたのでしょうか?

 
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 04:05| 金融闇権力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

民主党大物議員「FRB監査すべき」

民主党の大物議員で、米下院金融委員会の委員長のバーニー・フランク氏は、米連邦準備理事会(FRB)の緊急融資における権限を制限するほか、FRBを監査対象とする法案を検討していることを明らかにしました。Source:ロイター



続きを読む
posted by 小崎壮平 at 22:24| 金融闇権力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

FRB(連邦準備制度)は闇権力者か?

ドキュメンタリー「The Fed Under Fire」をご覧ください.



今回の金融危機で、FRBを中心に密室での不透明な対応に批判が高まり、議会ではFRBの監査に乗り出そうとしてますが、FRBは「独立性を失う」とし必死に抵抗しています.

続きを読む
posted by 小崎壮平 at 13:18| 金融闇権力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

金融闇権力 ポールソン前財務長官の議会証言

金融の闇権力者ゴールドマンサックス史上最高益を考える
闇権力者 政府支配するゴールドマンサックス人脈の続き

先日の記事で、AIG救済によるゴールドマンサックスの間接救済の手法で、ポールソン前財務長官の批判をしましたが、ポールソンの名誉(?)のために、彼の議会証言をご紹介します.




クリフ スターンズ共和党議員は、TARP(不良資産救済プログラム)によるAIG救済がゴールドマンサックスを救済したとして痛烈に批判しています.

続きを読む
posted by 小崎壮平 at 16:47| 金融闇権力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

闇権力者 政府支配するゴールドマンサックス人脈

072009 AIG Jail.jpg(昨日、金融の闇権力者ゴールドマンサックス史上最高益を考えるの続き)

ゴールドマンサックスの住宅バブルから金融危機、そして史上最高益まで流れで、一番不可解だったのは、ベアースターンズ、AIGを救済して、なぜリーマンブラザーズをつぶしたかというところです.

その判断をおこなったのはポールソン元財務長官で、彼はゴールドマンサックスの元CEOだったことから、政府とゴールドマンサックスの癒着について疑惑がもたれる要因となっています.


しかし、問題はポールソンだけでなく、ゴールマンサックス出身者が、政府、連邦準備銀行、政権などのトップとして配置され、それらゴールドマンサックス人脈ネットワークを調べるとアメリカ政府をあたかも支配しているかのようにも見えてきます.

続きを読む
posted by 小崎壮平 at 15:17| 金融闇権力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

金融の闇権力者ゴールドマンサックス史上最高益を考える

071909 ゴールドマンサックス.gif米金融大手のゴールドマンサックスが4−6月期で34億ドルもの最高益を計上.ゴールドマンサックスは、政府から不良資産救済プログラム(TARP)で100億ドルの公的資金を受けてから1年もしないうちに業績を回復させた、まさにスピード回復を達成させました.

ロイド・ブランクファイン会長兼最高経営責任者は「市場は依然として脆弱(ぜいじゃく)で、厳しい経済環境が続いているが、今回の決算は市場環境の改善と顧客基盤の多様さを反映した」との談話
Source:Asahi.com

しかし、好業績に回復させたのは、「市場環境の改善と顧客基盤の多様さを反映した」だけではありません.米政府から安いコストで資金融資をうけることができたゴールドマンサックスは、特別優遇を受けていたことをわすれてはいけません.

続きを読む
posted by 小崎壮平 at 16:00| 金融闇権力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。