2012年09月10日

質問484 中国が民主化される可能性はあるか?

質問484 将来、中国が民主化される可能性はあるでしょうか。また、そうなった場合、株価、為替はどのようになるとおもわれますか?
こちらをクリックして音声を聞く  
こちらをクリックして質問をする 
posted by 小崎壮平 at 19:00| ヘッジファンドがみる世界経済Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

質問483 経済混乱時、固定・管理・通貨バスケット制の通貨はどう影響する?

質問483 これからの経済の混乱時に固定相場制や管理相場制、通貨バスケット制を採用している通貨はどのように動きをすると横森さんは考えておわれますか?
こちらをクリックして音声を聞く  
こちらをクリックして質問をする 
posted by 小崎壮平 at 19:00| ヘッジファンドがみる世界経済Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月05日

質問482 1000兆円は『政府の借金』であって『国全体の借金』ではないのでは?


質問482 1000兆円は『政府の借金』であって国全体の借金を示しているものではない、財務省自身も「国の借金」とは発表していないし、この数字が「政府の借金」であって国全体の借金を示しているものではないからとの事。

自国内で借金の貸し借りが成立している限りは、政府が自国民から借金をしているだけなので、国家全体が負担を背負うことにはならない、家庭内でお金の貸し借りをしているだけなので、さほど深刻な状況ではないと言ってますが、それならドルやゴールド持つより、日本円と日本株を持っている方がいいのではないでしょうか?



こちらをクリックして音声を聞く  
こちらをクリックして質問をする 
posted by 小崎壮平 at 19:00| ヘッジファンドがみる世界経済Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月04日

質問481 アメリカが破綻したら経済への影響はどうなるのか?

質問481 横森さんは、日本の国家破綻の後にアメリカも国家破綻すると予想されていますが、一方でドルは引き続き世界で使用されると仰っています。また、シェールガスにより、アメリカの国力も回復する他、アメリカ不動産も底打ちしているので投資しても良いとも仰っています。

そこで、国家破綻後のアメリカ経済について伺いますが、アメリカの場合は、国家破綻しても、不動産価格の下落や経済の低迷などの影響はないのでしょうか。単に連邦政府の負債がなくなり、復活をするだけとなるのでしょうか。一連の流れについてご教示下さい。


こちらをクリックして音声を聞く  
こちらをクリックして質問をする 
posted by 小崎壮平 at 19:00| ヘッジファンドがみる世界経済Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月31日

質問480 年内の財政破綻の根拠は?


質問480 年内に財政破綻がおきる可能性が90%とお聞きしましたが、その根拠は?



こちらをクリックして音声を聞く  
こちらをクリックして質問をする 
posted by 小崎壮平 at 19:00| ヘッジファンドがみる世界経済Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月29日

質問479 なぜ韓国は日本を通じて国際決済するのか?

質問479 韓国が国際決済を行うのに日本を通しているとは具体的にどういうことなのでしょうか?
こちらをクリックして音声を聞く  こちらをクリックして質問をする 
posted by 小崎壮平 at 19:00| ヘッジファンドがみる世界経済Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月27日

質問478 消費税法案成立によって国債の格下げはなくなるのか?

質問478 消費税法案が何とか成立しましたが、これで当面の間は格付け会社による日本国債の格下げはないと考えてよいのでしょうか?

財政再建という名目の消費税法案が成立した一方で、一部の野党から国土強靭化基本法なるものが出され、10年間で公共事業に200兆円もの予算を自然災害対策の名目で公共事業に投資するという案が出ています。

もし、このような案が実行されるとしたら、財政再建のために成立させた消費税法案が無駄になってしまうような気がします。このような話がある中で、格付け会社や日本国債市場は消費税法案を評価するのでしょうか?



こちらをクリックして音声を聞く  
こちらをクリックして質問をする 
posted by 小崎壮平 at 19:00| ヘッジファンドがみる世界経済Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月21日

FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。