2010年05月28日

金利リスクで邦銀が国債を売る?

ロイターからの気になるニュース。

国債市場が大きく動揺するきっかけとして、日本の貯蓄超過率が低下し、マイナスに転じる時期を指摘する声が出ている。家計の貯蓄超過はかつての10%近辺から08年度で2.9%まで低下。

三菱東京UFJ銀行・経済調査室長の内田和人氏によると、2015年に貯蓄率はゼロに陥ると試算した。大手銀行が国債保有を今のペースで増やせば2015年頃に金利リスク量がBIS規制による基準を上回ると試算している。企業部門の資金余剰も、海外投資に資金が流出し始めており、余剰幅は縮小に向かいそうだと指摘する。海外投資家による国債消化が上昇すれば、日本国債の格下げリスクも高まると同氏は指摘する。

大手銀行が国債を保有し続ける前提は、いつか限界点がくるということですね。

続きを読む
posted by 小崎壮平 at 03:48| Comment(2) | 日本問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

IMFによる財政健全化の圧力

IMF代表団による日本経済に関する対日協議に関する声明

国際的に国家財政に対する監視の目が厳しくなる中、信頼性のある財政再建策を早期に策定することが非常に重要になってきている。昨年の不況の中で打ち出された財政政策は必要不可欠かつ効果的なものであったが、その結果、日本の公的債務は前例のないレベルにまで膨らむこととなった

日本政府も財政再建の必要性を的確に認識しており、現在、6 月の発表に向けて新たな“財政戦略”を作成している。我々は、日本政府は景気循環の回復局面に乗じて2011年度には財政再建を開始し、消費税を徐々に引き上げていく必要があると考えている。

さらに、公的債務比率を安定させ、将来的に減少にもっていくためには、歳出増を抑制する対策をとらなければならない。そのためには、プライマリーバランスの目標値と公債発行限度額を盛り込んだ財政運営ルールを策定し、財政健全化に向けたコミットメントを強めていくべきであろう。

Source:IMF

要するに、IMFは6月の財政戦略に注目。早く増税し、財政健全化を実施しなさいということでしょう。

続きを読む
posted by 小崎壮平 at 03:44| Comment(2) | 日本問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

日本財政試算 2013年歳出入の差額58兆円まで拡大

一般会計における歳入と歳出の推移

財務省の2011〜13年度の歳出入の試算によると、歳出削減努力を織り込んだケースでも歳出入の差額が58.4兆円に達するとしています。

大前研一さんは、メールマガジン「ニュースの視点」で、日本はハイリスクカントリーになる可能性が高いと指摘しています。主なポイントは下記のとおり。

続きを読む
posted by 小崎壮平 at 13:04| Comment(8) | 日本問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

BIS規制 ソブリン債リスクウェイトの補足説明

質問27の訂正)

日本国債がA+以下に格下げされた場合、BIS規制でリスクウェイト20%となると説明しましたが、自国通貨のソブリン債については例外が適用される可能性がありますので、訂正します。

ソブリン債に対するリスクウェイトに関する記載

050610_BIS_Credit_Risk_Weight.gif

と記載されていますが、54項に「自国通貨のソブリン債保有に関しては、リスクウェイトが低減される可能性がある」と明記されています。


続きを読む
posted by 小崎壮平 at 15:42| Comment(6) | 日本問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

S&P 6月の財政健全化法案の中身では日本国債格下げ

米格付け会社のスタンダードアンドプアー(S&P)社は、鳩山政権が6月にまとめる財政再建策によっては、日本国債格下げの重要なポイントになると示しています。

アジア政府債担当のウィリアム・ヘス氏は、政府による財政再建へ重要な指針になるとして、評価が変えられないよう(格下げされないよう)再建への中身が必要だとしています。


ただ、財政健全化法案への政府内調整が難航しているとされています。

続きを読む
posted by 小崎壮平 at 13:17| Comment(2) | 日本問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

フォーブス 日本破綻を警鐘



アメリカの大手経済誌フォーブスのゴードン・チャング氏は、「日本は破綻する?」と題して警鐘をならしています。

Source:Forbes.com "Will Japan Default?"Gordon Chang April 15 ,2010

以下要約です。

アナリストらは、今年の借金をファイナンスできるのか疑問を投げかけている。
あるアナリストは、2011年までに破綻するという人もいれば、良くても、あと3、4年持ちこたえるかというところだろう。

続きを読む
posted by 小崎壮平 at 12:54| 日本問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。