2013年04月03日

急増する気候災害、温暖化の影響か?


災害被害 保険損失補償額推移 1970−2012年(インフレ調整済み)

災害被害 保険損失補償額推移 1970−2012年(インフレ調整済み).png

The Economist


上のグラフは過去の災害被害に対する保険の損失補償コストの推移グラフです。


2012年の災害補償コストは770億ドル。 米東海岸に直撃したハリケーンサンディーがそのうちの350億ドルです。


これは保険の災害補償コストで、経済損失は含まれない。 2012年の災害による経済的損失は1860億ドル。 このうちハリケーンサンディーの経済損失は700億ドルと推定されています。


90年代からみると、地震とテロを除けば、気象災害による補償コストが急増していることが分かります。

 
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 23:20| 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月18日

30年で80%消滅した北極氷河

北極氷河体積の推移 (1979年-2012年)
20130216_消える北極の氷河.png
Thinkprogress

北極の氷河が恐ろしい勢いで消えています。北極氷河の体積は1979年から80%消滅しました。

イギリスの専門家の調査によると、2003年から2012年までの間で北極氷河は、夏(9月)には36%減少。冬(4月)でも9%減少したという。
続きを読む
ラベル:地球温暖化
posted by 小崎壮平 at 03:18| 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月01日

2013年、アメリカ大干ばつの恐れ 食糧危機が襲う?

sdohomeweb.gif

先日、アメリカの南部では水を巡り訴訟沙汰となっているとお伝えしましたが、今年もアメリカ全土で深刻な水不足となっています。

上マップの茶色部分は「断続的な干ばつ」となっています。昨年の温暖な気候とこの冬の雪や雨が少なかったことで、水不足が深刻となっています。

このまま雨や雪が降らなければ、水不足でアメリカの穀倉地域全体が大打撃をうけることになり、今年も食糧不足が懸念されています。

雨よ 雨よ 降れ 降れ もっと降れ!

★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。

 人気ブログランキング


posted by 小崎壮平 at 07:26| 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月28日

異常気象の干ばつでアメリカ南部で起きている『水』を巡る争い

テキサス州 水のバトル.png

昨年夏、干ばつ被害襲い極度の水不足となったアメリカ南部ですが、州をまたぐ水利権を巡りテキサス州とニューメキシコ州、またテキサス州とオクラホマ州は米最高裁判所で争っています(WSJ) 

テキサス州では水不足によって畜産農家に甚大な被害を及ぼしましたが、その上流にあるニューメキシコ州と北部のオクラホマ州が水を「取りすぎ」と訴えたのです。

以前、水不足が地球温暖化の最大のリスクをお伝えしました。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 09:37| 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

2012年 アメリカの「4大」異常気象

ハリケーンサンディ.jpg

2012年もハリケーン、史上最高平均気温、干ばつ、山火事など異常気象がアメリカを襲いました。今年の4大異常気象をまとめました。

続きを読む
posted by 小崎壮平 at 16:53| 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

地球温暖化が恐ろしいほど悪化している5つの理由

グリーンランド・南極の氷河 融解による海面上昇グラフ
20121202_グリーンランド・南極の氷河 融解グラフ.jpg
WSJ

サイエンス誌の研究によると、地球温暖化によって北極・南極の氷河が加速的に溶け出し、1992年から世界の海面を11.1ミリメーター上昇させましたと発表しました。

グリーンランドのほうが南極より温暖だったため、温暖な気候が海面上昇により影響していることがわかります。

最近は東海岸に直撃したハリケーン「サンディ」山火事、洪水などで温暖化の影響が注目されています。 温暖化に関してデータを見ると、地球温暖化が恐ろしいほど悪化している。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 09:37| 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月20日

モンサントだけじゃない!世界3位の遺伝子組み換えコーンも「スーパー害虫」には無力



先日、 モンサントの遺伝子組み換え(GM)コーンが「スーパー害虫」に効力なしとお伝えしました。それがブルームバーグによると、殺虫作用への耐久性が強めたとされる「スーパー害虫」は、モンサントだけではなく世界3位のシンゲンタ製のGMコーンにも被害を与えていると報道しています。

ネブラスカ大学のメインケ教授は、GM技術を過剰に使用したウェイン郡で採取したスーパー害虫に対してはモンサントのGMコーンは最も低い抵抗力であったと指摘。それと同時に、シンゲンタ製のGMコーンもモンサント同様の悪いパフォーマンスであったとのことでした。

つまり、GM技術とその農薬の過剰使用は、さらに耐久性を強めた害虫を生み出します。 遺伝子組み換えや農薬メーカーは、その新害虫への耐久性を強めた農薬とGM種を開発する。

遺伝子組み換えと農薬(クスリ)に侵される農作物を私たち人間が食べることで、癌などの健康被害を引き起こす。

この意味のない「いたちごっこ」は永久に続けるのか、それとも私たちは気づいて止めるのか? 後者を選択するには、カリフォルニアの住民がモンサントに負けたように、個人が団結してモンサントと戦わなければならない。

★1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキング


posted by 小崎壮平 at 13:07| 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月31日

ハリケーン「サンディー」経済損失最大1000億ドルの被害状況



猛烈なハリケーン「サンディー」はニューヨークなど大都市を直撃したことで甚大な被害がでています。経済損失は200億ドルから最大1000億ドルとまでいわれています。

一夜明けてから、様々な写真をみると被害の大きさを目の当たりにしました。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 10:46| 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月24日

メキシコ湾流出事故、新たな石油流出を発見?



2010年に起きたメキシコ湾石油流出事故を覚えていますか?

あれから2年半が経ちましたが、ロイターによるとメキシコ湾石油流出事故が発生した石油掘削施設「ディープウォーター・ホライズン」付近でアメリカ湾岸警備隊が海面上に石油膜を発見した。

しかも、その海上の油膜を分析したところ、ディープウォーター・ホライズンの石油サンプルと一致したと報じている。

石油流出は噴出口を塞ぎ止められたと信じられているが、実際には石油流出は止められていないことになる。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 12:45| 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月17日

国連2013年食料危機を警告、 世界は食糧暴動の嵐が襲う?




今年の夏は異常気象によって作物の収穫が低迷し、価格が高騰しましたが、国連の関係者によると2013年も甚大な食料危機の恐れがあると警告している。

アメリカでは夏の干ばつによって大豆とコーンの収穫高は過去50年だ最悪を記録。 また世界の小麦の27%を供給するロシア、ウクライナ、カザフスタンも同様の干ばつによって収穫が現象した。

生産不足によってアメリカでは穀物の備蓄は過去最低レベルに落ち込んでいる。世界の食料備蓄は10年前には平均107日分の在庫があったが、現在では74日分以下の在庫となっている。

国連食糧農業機関のエコノミストによると「来年には予期せぬ事態の余裕はない」と指摘している。
続きを読む
posted by 小崎壮平 at 10:19| 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FaceBookのアカウントをお持ちの方は上のコメント欄より直接コメントを書き込めます。
ご意見・ご感想はこちらのフォームより直接小崎までお送りください。
E-Mail ※
お名前(ニックネーム可)
ご意見・ご感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。